読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】新たなる冒険の始まり『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙/支倉凍砂』

「狼と香辛料」の第2シーズン!! アフターエピソードで本編終了から10年以上たってもラブラブな二人を堪能しましたが、第2シーズンでは小坊主だったコルが大人になり、ホロとロレンスの愛娘のミューリとともに世界をめぐるというもの。 同じ世界で次世…

【ラノベ感想】サブキャラの魅力が光る『ブラック・ラグーン 2 罪深き魔術師の哀歌/虚淵玄 』

過激ガンアクション漫画『ブラック・ラグーン』×ニトロプラスの虚淵玄という相性抜群なタッグの第2段!! 今回は一つの事件を様々なキャラの視点で進んでいく構成で、各キャラの魅力を掘り下げつつパズルのピースが埋まっていくような面白さがありました。 …

【ラノベ感想】祝!20巻!!祝!アニメ化&漫画化!!『キノの旅XX the Beautiful World/時雨沢恵一(電撃文庫)』

中学の頃にドハマりした「キノの旅」 それからもう十数年経ってますが未だに終わらず、ついに20巻!! しかもアニメ化&漫画家という激アツの展開!! 公式サイトにコメント寄せてます! →電撃文庫『キノの旅 -the Beautiful World-』公式サイト! TVアニ…

【ラノベ感想】縁結びのライバル登場!!『なにかのご縁 (2) ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う/野崎まど』

「人の縁を繋ぐ」という本当に野崎まど作品か!?って疑うくらいハートフルな『なにかのご縁』 シリーズ第2段も読みました。 今回はゆかりくんとは別の縁が見える人と兎のコンビが出てきてわちゃわちゃ楽しく、そしてちょっぴり泣けるお話でした。 1巻の感…

【ラノベ感想】ラノベを枠を壊す短編集第2段!『独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) /野崎まど(電撃文庫)』

野崎まど短編集2冊目! 前作は終始笑いっぱなしでしたがこの作品もなかなかでした。 耐性が着いた分イラストとかが出てきても驚きはしなかったんですが思わず笑ってしまうのがいくつもあり面白かったです。

【ラノベ感想】撫子づくしの1冊『撫物語 /西尾維新』

物語シリーズ・オフシーズンもついに3冊目。 今回は前の2冊とは違い、撫子オンリーの長編でした。 短編だと味気なかったのでやっぱり読むなら長編がいいよね。

【ラノベ感想】笑いっぱなしのショートショート集!!『独創短編シリーズ 野崎まど劇場/野崎まど』

先日、野崎まどの「なにかのご縁」を読み、他にも読んでない作品があったので手に取った1冊。 電撃MAGAZINEに掲載された10頁少々の短編を集めた1冊です。 300頁に満たない本なのに収録タイトルは24作品!! いろいろな切り口から野崎まどワールドに浸れる1冊…

【ラノベ感想】斧乃木ちゃんの正体が月火にばれちゃった!?『愚物語/西尾維新』

物語シリーズ・オフシーズン第一段。 先に第二段の業物語を読んでしまったけど、第零話集というこで、短編となっているため好きなのから読めばいいと思います。 今回は老倉、神原&扇、月火&斧乃木の3つのお話でした。

【ラノベ感想】忍の吸血鬼になる前の物語『業物語/西尾維新』

恋物語で終わったと思ってたら、実は続いていた物語シリーズ。 気がつけば四冊も出ていたので読んでいこうと思い読破。 刊行順だとこの前に一冊あったみたいですが、短編集となっているためどこから読んでも問題ないと思います。

【ラノベ感想】やっぱりこの夫婦が最高!ホロとロレンスのその後を描く『狼と香辛料 (18) Spring Log /支倉凍砂』

学生の頃大ハマりした「狼と香辛料」 昨年、このその後を描く短編集「Spring Log」とコルとミューリによる第2世代の新たな旅「狼と羊皮紙」が発売されました。 「 マグダラで眠れ」や「World End Economica」など支倉凍砂の作品はいくつか読んできましたが、…

【ラノベ感想】記憶を受け継いだクローンは本人なのか『ドッペルゲンガーの恋人/唐辺 葉介』

初めての作者さん、。タイトルと表紙に惹かれたので読んでみました。 思ってた以上に考えさせられる内容でした。 将来クローン技術が進めばこういう未来もありうるんだろうなあ。怖い怖い。

【ラノベ感想】この本を読んだのもなにかの縁なんだろう『なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど』

ひさしぶりの野崎まど作品。 「〔映〕アムリタ」から「2」までは短期間でまとめて読んだのに「2」を読み終わったらやりきった感じがして他の作品に手が伸びませんでした。 今作「なにかのご縁」は「2」のあとにメディアワークスから発売された作品です。 …

【ラノベ感想】レヴィが張がバラライカがかっこいい!『ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ/虚淵玄』

発行部数500万部を超える人気ガンアクション漫画『ブラックラグーン』を『沙耶の唄』や『Fate/Zero』などの作品を書いた虚淵玄がノベライズ化! 活字でもロアナプラの荒くれ者たちが生き生きと描かれていて、読んでていてそのシーンが浮かんでくるような面…

【ラノベ感想】サーヴァントみんなで迷宮攻略!『Fate/Labyrinth/桜井光』

『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』の桜井光が描く新しいFateのスピンオフノベル。 通常はたった一つの聖杯を求めて争い合うサーヴァント達が迷宮攻略のために協力し合うという、ちょっと異色なストーリーです。 いろんなシリーズの登場人物が一堂に会し…

【ラノベ感想】謎のサーヴァントの正体とは『ロード・エルメロイII世の事件簿 5 case.魔眼蒐集列車(下) /三田誠』

アインナッシュの落とし仔に突っ込むというまさかの展開で終えた上巻。 ウェイバーが倒れ、ラストには彼のことを知る謎の人物も現れどう展開していくのか気になったまま下巻を読み始めました。 そしたらもう止まらない。めっちゃ面白かったです。 上巻の感想…

【ラノベ感想】魔眼オークションどころじゃない『ロード・エルメロイII世の事件簿 4 case.魔眼蒐集列車(上)/三田誠』

この冬コミで下巻が出たので積んでた上巻をようやく読破。 買いが進めば進むほどグレイが可愛くなるし、ウェイバーが好きになるしほんとたまらない。 前の巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com

【ラノベ感想】四郎の未来と未来の未来『この恋と、その未来。 ―三年目 そして― /森橋ビンゴ』

去年の終盤に一気読みし、魅了された「この恋と、その未来」 性同一障害を扱い、ラノベとは思えないほどの繊細さ、残酷さで描かれた作品ですが、 打ち切りの悲劇を乗り越え無事最終巻発売。 ほんと待ってた。電子書籍になるのほんと待ってた。 最終巻も一気…

【ラノベ感想】バーサーカー陣営とライダー陣営が明らかに 『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (3)/桜井光』

今年1冊目はこの冬に最終巻がでた『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』 とはいっても僕が読んだのはまだ中盤の3巻ですが(笑) 1巻で聖杯戦争の中心となる沙条家、2巻では後の聖杯戦争の大本命となる美沙夜が話のメインとなっていました。 3巻では未だ…

【ラノベ感想】玲瓏館美沙夜の聖杯戦争『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (2)/桜井光』

Fateの原点となるprototypeの前日譚を描く「蒼銀のフラグメンツ」 1巻は沙条家からみた聖杯戦争の断片でした。 前の巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com

【ラノベ感想】恋する乙女は強い『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ/桜井光』

ずっと詰んでた本でしたが連載ももそろそろ終わりが見えてきたらしいので一気に読むことにしました。 本の詳細・あらすじ Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ/桜井光 7人の魔術師と7騎の英霊が契約し、あらゆる願いを叶えるといわれる願望機・聖杯を賭けて…

【ラノベ感想】四郎の想いと未来の決断『この恋と、その未来。 ―二年目 秋冬―/森橋ビンゴ』

薄氷の上に成り立ってた人間関係が一気に破綻し、絶望のどん底にまで落とされた4巻。 この巻で打ち切りと聞いてたのでどうなるか心配ながらも一気に読了。最後泣くかと思った。 ※あとがきでは打ち切りだと書いてましたが、ネットの反響により最終巻も無事発…

【ラノベ感想】救いはないんですか…『この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― /森橋ビンゴ』

なんかもうすごい巻でした。頁を捲る手が止まらない。 前の巻の感想 typenitro.hatenablog.com 本の詳細・あらすじ この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― /森橋ビンゴ(ファミ通文庫) ――ようやく、理解できた気がした。恋をしているのは、俺の、心なんだと――…

【ラノベ感想】悩めば悩むほどドツボに嵌る四郎『この恋と、その未来。 -一年目 冬- /森橋ビンゴ』

主人公の最低な告白がOKされるという展開に続きが気になって止まらない。 絶対忘れられんと思うんだがどうなるんだろ…。 前の巻の感想 typenitro.hatenablog.com 本の詳細・あらすじ この恋と、その未来。 -一年目 冬- /森橋ビンゴ(ファミ通文庫) ――好きだ…

【ラノベ感想】四郎の抱える思いがつらい『この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-/森橋ビンゴ (ファミ通文庫)』

面白い。気になって仕方ないから続きを読んでいく。 1巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の詳細・あらすじ この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-/森橋ビンゴ (ファミ通文庫) ――せめて、誰の物にもならないで欲しい。そう思ってしまうのは、わが…

【ラノベ感想】ルームメイトは男の心をもった女の子!?『この恋と、その未来。 -一年目 春- /森橋ビンゴ』

『東雲』シリーズが面白かった森橋ビンゴの新しいシリーズ。 この前のニコカド祭りで50%オフだったので大人買い。 「性同一障害」という重たいテーマに正面から切り込む作品で面白くなりそう。 いろんな人に読んでほしい作品だと思う。まだ1巻だけだけど。…

【ラノベ感想】それぞれの視点で語られる有馬公正の姿『小説 四月は君の嘘 6人のエチュード/時海結以』

月間マガジンで連載され、現在実写映画も公開されている『四月は君の嘘』のサイドストーリーです。 漫画の感想は別記事に書いてます。 typenitro.hatenablog.com 著者は『ちはやふる』の中学時代のノベライズを書いた時海結以。 主人公:有馬公正を周りの登…

【ゲームシナリオ集】全シナリオを網羅。ゲームやる時間の無い人におすすめ!『Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITERⅠ&Ⅱ/奈須きのこ』感想

FateシリーズのPSPゲーム『Fate/Extra』の全シナリオを収録した本です。 発売と同時に買ってずっと積んでましたがようやく読了。上下巻で1000頁を超えるボリューム。 RPGなのにテキスト量が半端ないです。さすがTYPE-MOON。 本の詳細・あらすじ Fate/EXTRA …

【ラノベ感想】1人1人に分断されていく決死の撤退戦!『灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遥か遠くへ/十文字青』

ついにきましたグリムガル最新刊。 前回の衝撃的な展開からどう来るかと思いましたがそれぞれを深める巻になりましたね。 ただ挿絵がこれまでと明らかに変わった(悪い方に)。それだけは非常に残念。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の詳細…

【ラノベ感想】いよいよ聖杯戦争開始『Fate/strange Fake (3) /成田良悟』感想

ついに3巻まで読破。熱い展開と他作品を絡めたネタが多くて読んでて楽しい。 次の巻が待ち遠しい。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の詳細・あらすじ Fate/strange Fake (3) /成田良悟 (電撃文庫) 偽りの聖杯は、本物の聖杯戦争を呼び起…

【ラノベ感想】サーヴァント以外が規格外ばかり『Fate/strange Fake (2)/成田良悟』感想

1巻があまりにも面白かったので続けて2巻も読破。 次から次へとやばいサーヴァントが出てきていろいろと混乱してきたけどどんどん面白くなる。 1巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の詳細・あらすじ Fate/strange Fake (2)/成田良悟 (電撃文…

【ラノベ感想】ギルガメッシュが楽しそうで何よりです『Fate/strange Fake/成田良悟』感想

既に3巻まで出てるのに積んだままだったのをようやく消化。 この記事を書いてから2年。これ読んだときは「一発ネタじゃなくて本格的に書いてくれ!」って思ってましたが、ほんとに読める日が来るとは。 typenitro.hatenablog.com 何でも願ってみるもんです…

【ラノベ感想】イチャイチャラブコメラノベ。嘘だけど。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸/入間人間』感想

以前からタイトルだけは知っていて気になっていたので旅行の合間に読破。 予想以上に話が重いかったです。 本の詳細・あらすじ 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸/入間人間(電撃文庫) 御園マユ。僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人…

【ラノベ感想】修羅の国福岡で起こる殺し屋たちの群像劇『博多豚骨ラーメンズ/木崎ちあき』

電撃小説大賞受賞作ってことで前から気になってたのようやく読破。 こんな悪人が跋扈するなんて福岡は恐ろしいところやで…。 本の情報・あらすじ 博多豚骨ラーメンズ/木崎ちあき(メディアワークス文庫) 福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている…

【ラノベ感想】橙子さん筆頭に他作品のキャラが目白押し『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 「case.双貌塔イゼルマ(上)(下)」/三田誠』

1巻に続いて既刊分の2冊を読破。 今回はクロスオーバーでいろんなキャラクターが出てくるので「空の境界」読んでる人やFateのUBWアニメ見てた人なら絶対面白いです。 だってあの橙子さんが登場ですよ。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の…

【ラノベ感想】成長したウェイバーの活躍がここに!!『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」/三田誠』

発売から1年以上積んでいましたがFGOのイベントもロード・エルメロイが活躍するZeroイベントだったのでついに読み始めました。 Zeroのウェイバーもヒロインですごく良かったのですが、このエルメロイ2世めっちゃ魅力的なキャラです。 本の情報・あらすじ …

【ラノベ感想】町を壊滅させた謎に挑む『マグダラで眠れ(8)/支倉凍砂』

ついに最新刊まで追いつきました。 もうここで終わっていい。ピークを迎えたここで終わってほしい。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の情報・あらすじ マグダラで眠れ(8)/支倉凍砂(電撃文庫) クラジウス騎士団の追っ手が迫る中、クー…

【ラノベ感想】太陽の召喚の謎を解き明かす『マグダラで眠れ (7) /支倉凍砂』

ようやくマグダラで眠れの7巻を読破。既に8巻も出てるけど積んだまま忘れてた。 前の巻の内容がうろ覚えだったんですが、読み進めると思い出していくもんですね。 本の情報・あらすじ マグダラで眠れ (7) /支倉凍砂(電撃文庫) 錬金術師たちの次なる目的…

【ラノベ感想】探検部は巨人を止めることができるのか『ファイヤーガール 3 「青銅の巨人」 下巻/星空めてお』

ついに出ました最終巻! TYPE-MOONのお家芸である発売延期を経て、偶然なのか狙ったのか卒業シーズンに最終巻発売。 今回も分厚いです。 前の巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の情報・あらすじ ファイヤーガール 3 「青銅の巨人」 下巻/星空め…

【ラノベ感想】パーティーの分裂、そして決裂『灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ/十文字青』

ようやく出ました最新刊!発売日に買ってそのまま一気に読みました。この引きは卑怯ですよ十文字先生! アニメもすげえ面白いんですがやっぱ原作です。メリイのキャラデザはもちろんとしてハルヒロやランタも原作のキャラデザの方がかっこいいしね。 それに…

【ラノベ感想】東野とほむらの亀裂が大きくなっていく…『ファイヤーガール 3 「青銅の巨人」中巻/星空めてお』

中巻読了。大きく動き出しましたね。あと1巻でどうまとめるのか楽しみです。 そしてついに公式から下巻の発売日が告知されました。 お待たせしておりました、小説「ファイヤーガール3 下巻」の新しい発売日を「2016年3月18日(金)」とさせていただきます。…

【ラノベ感想】ついに国外(?)へ!未開の地に待ってるものは?『ファイヤーガール 3 「青銅の巨人」上巻/星空めてお』

今年の1月にようやく最終巻の下巻が発売されるので積んでいた上巻から読み始めました。 同人作品から読んでたから読もうと思ってから結構経ったんだけど、そこはさすがTYPE-MOON。もはやお約束の発売延期です。 1月の終わりと聞いていましたが、発売延期で…

【ラノベ感想】言葉も通じない。人間すらいない世界での冒険『灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹/十文字 青』

今年1冊目。アニメも始まる「灰と幻想のグリムガル」の最新刊です。 6巻の感想書くの忘れてました(笑)また再読したときに書きます。 本の情報・あらすじ 灰と幻想のグリムガル level.7 彼方の虹/十文字 青(オーバーラップ文庫) 『黄昏世界』から脱出…

【ラノベ感想】対照的なチームとの共同戦線『灰と幻想のグリムガルlevel.5 笑わないで聞いておくれよ/十文字青』

新たな仲間が加わったハルヒロたち。失ったものはでかいけど少しずつ成長していってます 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の情報・あらすじ 灰と幻想のグリムガルlevel.5 笑わないで聞いておくれよ/十文字青(オーバーラップ文庫) 「……で、…

【ラノベ感想】もう一度高校生活をやり直せるなら『アオイハルノスベテ/庵田定夏』

「ココロコネクト」作者の庵田定夏の最新作。 良かった。アニメのココロコネクトが(アニメの内容は面白かったのに)あんな炎上したから作家辞めるかもって思ってたから復活してくれてほんと良かった。 本の情報・あらすじ アオイハルノスベテ/庵田定夏(フ…

【ラノベ感想】小学生の犬と化す是光 『“若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3)/野村美月』

続けて3巻も読了。順調にハーレムを形成しつつありますなあ。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の情報・あらすじ “若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3)/野村美月(ファミ通文庫) 「お兄ちゃんが、ヒカルのお友達……なの?」ヒカルの次の“心残…

【ラノベ感想】儚い是光の初恋『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)/野村美月』

なかなか積読が減らずようやく読破。1巻より面白かったです。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の情報・あらすじ “夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)/野村美月(ファミ通文庫) 取り憑かれ、うっかり友達になってしまった幽霊のヒカルのた…

【ラノベ感想】人気作家が描く19歳の物語集『19‐ナインティーン‐/橋本紡、柴村仁、紅玉いづき、入間人間、綾崎淳』

好きな作家さんがいたので購入。こういう雰囲気の短編集はいいですね。 本の情報・あらすじ 19‐ナインティーン‐/橋本紡、柴村仁、紅玉いづき、入間人間、綾崎淳(メディアワークス文庫) 神様って意地悪だ。だけど……。 成人すると同時に下方面の大人も迎え…

【ラノベ感想】少女と宇宙人の逃避行『推定少女/桜庭一樹』

古本屋で気になったので購入。今は角川で加筆されてるのが出てるんですね。せっかくならそっち買えばよかったです。 本の情報・あらすじ 推定少女/桜庭一樹(ファミ通文庫) 「あんまりがんばらずに、いきていきたいなぁ」 巣籠カナは、そんな言葉を呟いて…

【ラノベ感想】オツベルと像の仲が良いままだったら『オツベルと笑う水曜日/成田良悟』

何気に成田良悟作品を読むのは初めて。シリーズものは長すぎてちょっと手を出す気になれないので。 本の情報・あらすじ オツベルと笑う水曜日/成田良悟(メディアワークス文庫) 現場に残るメッセージの謎とは―― 『己の身が清廉潔白である事を証明しようか…

【ラノベ感想】xxxHOLiC×西尾維新『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル/西尾維新』

xxxHOLiCの雰囲気と西尾維新の言葉遊びの融合とか最強じゃないですか? 本の情報・あらすじ xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル/西尾維新(講談社文庫) 生まれたときから「あやかし」を視る目をもつ四月一日君尋。自身の目に辟易してた彼だ…