万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

同人誌

【同人誌感想】総集編第2段!救いのない恐怖が少女たちを襲う!『幻想少女は其が怖い/Escape Sanctuary』

幻想少女恐怖シリーズの総集編第2段。 うどんげとぬえの話しか持ってなくてそれ以前のは手に入らなくなってたので総集編を待ち望んでました。 出してくれてありがとうございます。

【同人誌感想】藪をつついて蛇が出る『宇佐見蓮子は星が怖い/Escape Sanctuary』

この冬に出た「幻想少女恐怖シリーズ」の最新作。 メロブ店頭に置いてあると思ったら総集編しかなくて慌ててネット注文しました。 なんかもう在庫なくなったみたいなので買えてよかったです。

【同人誌感想】蓮子の目が見えなくなっちゃった『こちら秘封探偵事務所 永夜抄編/浅木原 忍』

冬コミで出た新作。 紅魔郷・妖々夢・萃夢想ときて今回は「永夜抄編」 謎の多い月の民たちの秘密を蓮子がどう解き明かすのか。 前の巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com

【同人誌感想】秘封祭の没案集その2!『アガメタテマツリ/四面楚歌』

この冬の四面楚歌の新作。 夏に出た同人ノベルゲーム「秘封祭」の没案集。 ゲームが面白かったのでそりゃポチるよね!

【同人誌感想】吸血鬼同士のバトルが熱い『砂金の街の吸血鬼/貴城はつ』

「王女と吸血鬼」に引き続き「砂金の街の吸血鬼」も読破。 短いながらも濃い内容で満足。

【同人誌感想】レミリアが幻想郷に至るまでを描く西洋小説『王女と吸血鬼』

この前読んだ『アレルヤ』が面白かったので、シリーズをまた読み返そうと思い再読。 この重厚な文章と内容は何回読んでもすごい。 本の詳細・あらすじ 王女と吸血鬼/貴城はつ 一七世紀前半、ヨーロッパ。 ドイツに君臨する神聖ローマ帝国は荒れ狂う戦火の中…

【同人誌感想】片思いの相手は無意識な女の子『古明地こいし片思い合同 ぼくがこいしたおんなのこ/愛欲MOCK』

好きな作家さんが何人か参加していたので購入。 小説にフルカラーの漫画にトートバッグといろいろお得なセットで大満足。 買う機会がなくて諦めていたので紅楼夢で頒布してくれてほんとありがとうございます。

【同人誌感想】失っても残るものと新たに得られるもの『Daydream Believer's/一支國幻想同好会』

去年の紅楼夢で頒布された完熟オレンジさん・アインさんの二人からなる「一支國幻想同好会」のレイマリ小説です。 今回の紅楼夢で買うことができたので購入。 ちなみにさらに一年前(2014年紅楼夢)の作品の感想がこちら。サークル処女だった作らしい。 typeni…

【同人誌感想】雨が止むまでのひとときを…『東方雨宿り合同/空想デリバリー』

紅楼夢で買った「雨宿り」をテーマにした合同誌。 テーマが面白そうだったから買ったけど参加者見たら知らない人ばっかりでした。

【同人誌感想】本格ミステリ短編集『サブタレイニアンミステリーズ/鍵入たたら』

紅楼夢で購入。表紙と「東方×ミステリ」という謳い文句に惹かれたので。 この方の作品は初めてですが当たりでした。

【同人誌感想】レミリアの笑顔が素敵な短編集『アレルヤ/貴城はつ』

紅楼夢で頒布された貴城 はつさんの新作。 「レミリア・スタコージウ・シリーズ」というレミリア・スカーレットの前日譚の西洋小説を書かれていますがこれがすごく面白い。 既刊はメロブDLでも発売されてます。 社畜でなかなか制作ができず、今回は短編集と…

【同人誌感想】失われた味を取り戻せ『夜雀食堂 おいなりさんとあぶらあげ/お紙』

一時期ニコニコ動画ではまっていた「夜雀食堂」 紅楼夢でサークルチェックしてたらサークル参加してたので思わず購入。 このほのぼの感がたまらない。

【同人誌感想】その毒殺は誰のため?『東方毒殺合同(後編)―Blue Acid―』

前編を読み終えたので続けて後編を。 後編も負けず劣らずの参加人人数の多さと話のクオリティでした。面白かった。 typenitro.hatenablog.com 後編は青い表紙に魔理沙が描かれてます。霊夢とは違ってきのこやら花や草など植物ばっかりですね。 毒殺合同後篇 …

【同人誌感想】愛ある毒殺を『東方毒殺合同(前編)―The Venom 素敵な愛の隠し味―』

夏に申し込んだ数だけ再販すると告知があり迷わず申し込む。 毒殺合同っていうテーマがものものしくてどんな話が集まってるのかすごい気になった。

【同人誌感想】暴走した狂気の瞳『鈴仙・優曇華院・イナバは視が怖い/Escape Sanctuary』

最新刊の『封獣ぬえは嘘が怖い』と一緒に買った作品。 うどんげこと鈴仙・優曇華院・イナバが主人公です。 本の詳細・あらすじ 鈴仙・優曇華院・イナバは視が怖い/Escape Sanctuary 月の兎である鈴仙は、人里へ薬を売りに行ったり、永遠亭で主人の世話をし…

【同人感想】理不尽な不幸が蓮子を襲う!!『秘封祭/四面楚歌』

同人サークル「四面楚歌」のこの夏の新作。 お話書く人、イラスト描く人、音楽やる人いろんな人を集めた秘封倶楽部が主人公のノベルゲームです。 ちょこちょこ進めていき数多のバッドエンドを乗り越え1週間くらいでクリアにこぎつけました。 トータルプレイ…

【同人誌感想】誰にも気づいてもらえない恐怖『封獣ぬえは嘘が怖い/Escape Sanctuary』

幻想少女恐怖シリーズ第10弾。総集編が面白かったんで購入。 1巻完結型なのでどこから読んでもいいんですが、僕が買おうと思ったときにはこれとうどんげしかなかったのでシリーズ6以降も総集編として出してほしい。

【同人誌感想】幻想郷に戻ってきた鬼の真意とは?『こちら秘封探偵事務所 萃夢想編/Rhythm Five』感想

C90にて頒布された秘封探偵シリーズの新作。 伊吹萃香が登場する萃夢想編となってます。僕はここからは原作未プレイなんですが、確か格ゲーだった記憶が。 前作の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の詳細・あらすじ こちら秘封探偵事務所 萃夢想編/…

【同人誌感想】八雲を名乗る前の藍の過去話『生ける願い1・2合冊版/夢月みぞれ』

今回の例大祭で通販で買った最後の同人誌。 八雲藍の過去を書いた小説です。 本の詳細・あらすじ 生ける願い1・2合冊版/夢月みぞれ 唐が隆盛を極め、遣唐使が活躍した時代——。大陸より渡り来た人ならざる者達がいた。権謀術数渦巻く都を舞台に、若き八雲藍…

【同人誌感想】幻想郷の春を集める幽々子の本当の目的は?『こちら秘封探偵事務所 妖々夢編/Rhythm Five』

例大祭で頒布された秘封探偵の続き。今回は妖々夢編です。 それにしても表紙の幽々子めっちゃ悪そうな顔してますね。 前巻の感想はこちら typenitro.hatenablog.com 本の情報・あらすじ こちら秘封探偵事務所 妖々夢編/Rhythm Five 蓮子とメリーが人間の里…

【同人誌感想】綺麗な咲マリ短編集『星の咲く夜に/Bar1884』

第13回例大祭にて頒布された作品。 ごはん合同の主催者Bar1884の小説です。会場行けなかったんで通販してくれて良かったです。 本の情報・あらすじ 星の咲く夜に/Bar1884 休日にすることもなく昼間っから飲んでる咲夜と遊びに来た魔理沙とのお話「たおや…

【同人誌感想】魔理沙の葛藤が痛々しい『Spilled Milk/パルピテリア』

5月の例大祭で頒布されたレイマリ小説本。 タイトルと表紙の絵から連想されるように短編ながらも暗く重い話です。 本の情報・あらすじ Spilled Milk/パルピテリア 霊夢への恋心を打ち明けた魔理沙。だが、その想いは報われず、これまでと同じ友人関係を望む…

【同人誌感想】ほんとに没案集なの?『アトノマツリ/四面楚歌』

今年の例大祭で頒布された秘封倶楽部の短編集。 没ネタ集らしいけどこれで没ネタとかどんだけ。 本の情報・あらすじ アトノマツリ/四面楚歌 吸血鬼になったと話すメリーと彼女を家に匿う蓮子の話の「私は薔薇を愛している」 桜の木と死体の話をしていた秘封…

【同人誌感想】レイマリ短編2本立て『この世界にてきみを待つ/一支國幻想同好会』

長編読んで疲れたのでサクッと読める短編を。 2014年の紅楼夢で購入したサークル:一支國幻想同好会(凄い名前)の「この世界にてきみを待つ」。完熟オレンジさんとアインさんの2つの短編が収録されてます。 紅楼夢で買ったときに読んで以来。 2つ合わせて…

【ゲーム】東方×スチームパンク!椛がイケメン!『黒白のディファレンス/ゆとりデカダンス』感想

C89にて頒布されたビジュアルノベル 東方×スチームパンクという組み合わせ。ジャケ絵でもわかるが椛がイケメンの作品。 動作環境にはWindows7までしか書いてなかったけど10でも動きました。 セーブとかゲームを終了するときの確認のウィンドウ(?)が真…

【同人誌感想】レイマリ長編小説。東方好きならマジでおすすめ!『スタードリーム/四面楚歌』

C89で買った東方小説。同サークルの「永い夜の物語」と同様に過去作品の電子書籍版です。 四面楚歌の作品で読んだことのある長編小説は「うつつのゆめ」、「永い夜の物語」に続いて3つ目なんだけど、個人的に一番のあたり。レイマリ最高や。 本の情報・あら…

【同人誌感想】永遠を生きるということ『永い夜の物語/四面楚歌』

2009年に発行された作品の電子書籍版。 紙書籍のときは二段組だったらしいが電子書籍ではそんなとはなく500頁を超えるすごいボリュームの作品。 輝夜が秘封倶楽部の二人に語る長い長い物語。 本の情報・あらすじ 永い夜の物語/四面楚歌 蓮子とメリー、秘封…

【同人誌感想】みんなで食べるごはんはおいしい『幻想郷ごはん合同 彼女たちのこんだて帖/Bar1884』

冬コミの本と一緒に購入。 幻想郷の面々が和気藹々とご飯を食べる短編集です。すばらしい合同。 おいしそうにご飯を食べる描写っていいよね。ほっこりする。

【同人誌感想】紅魔館の謎を秘封倶楽部が解き明かす!『こちら秘封探偵事務所 紅魔郷編/Rhythm Five(著:浅木原忍)』

C89の新作。 東方project×ミステリという小説です。東方どうやってミステリやるんだと気になって購入。

【同人誌感想】元になった作品を読みたくなる『東方ライトノベル合同 これが私の軽小説/Escape Sanctuary』

C89の新作。東方×ライトノベル合同。 小説メインで漫画やイラストもあり、全部で36名の参加者という大人数でめっちゃ分厚い。小説は2段組で一つ一つは短いのに500頁を超える物凄いボリュームです。 良いなと思っていた作家さんが参加していたし、ラノベも…

【同人誌感想】文と蓮子って似てるよね『風は煌めき夢重なりて/日々徒然。(著:古翠)』

C89にて頒布された東方同人小説。 表紙のイラストどおり秘封倶楽部のお二人と鴉天狗のお二人が絡むお話です。 本の情報・あらすじ 風は煌めき夢重なりて/日々徒然。(著:古翠) 蓮子と一緒に眠りについたメリーは気が付くと夢の世界に一人でいた。そこで彼…

【同人誌感想】メリー怖い子っ!『言霊の幸ふ国/傾き屋』

C89にてサークル:傾き屋が頒布した東方Projectの秘封倶楽部のSS このサークルの作品は初めてですが秘封倶楽部の表紙に惹かれて購入。「幸ふ」って「さきわう」って読むんだね。意味は「豊かに栄える」らしい。 本の情報・あらすじ 言霊の幸ふ国/傾き屋 科…

【同人誌感想】夢を現に変えるために『うつつのゆめ/四面楚歌×いよかん』

始めて同人の小説に手を出してみました。薄っぺらい漫画ばっかりのなか、一際異彩を放つ分厚い小説。本好きとしてはなんとも興味をそそられる1冊です。 本の情報・あらすじ うつつのゆめ/四面楚歌×いよかん 世の中の不思議を探索するオカルトサークル:秘…