読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】超インフレの行く末は『万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ/松岡圭祐』

不完全燃焼の1巻に続いて2巻も読みました。

 

1巻の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com

 

 

本の情報・あらすじ

万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ/松岡圭祐 (角川文庫)

 

『週刊角川』記者・小笠原は途方に暮れていた。わずか2日で、コンビニの弁当は数千円から数万円に、JRのひと区間は九千円以上になり、いくら金があっても足りないのだ。従来のあらゆる鑑定をクリアした偽札が現れ、ハイパーインフレに陥ってしまった日本。だが、まだ万能鑑定士・凛田莉子の鑑定がある!

パーフェクトな偽札の謎を暴き、未曽有の危機から国家を救うことができるのか!? 書き下ろし「Qシリーズ」第2弾!

 

 

 

 

 面白かったところ

インフレがもし起こったら…

力士シールを追いかけたら日本が経済破綻しかけていた。な…何を言ってるかわからねーと思うが(ry

前の終わりでは急にハイパーインフレで街が荒んでましたがこの巻でその原因がわかります。

お札がその価値を失ったらどうなるのか。1万円札の2枚に1枚が偽物だったら物の価値を維持するには値段を2倍にするしかありません。

見分けのつかない完璧なニセ札。しかもどれくらい市場に紛れているのかも不明だったなら…。考えるだけでも恐ろしいですね。

 

お札の製造過程などこの巻も雑学が豊富で勉強になりました。

 

 

気になったところ

展開が急だったのが…

中盤の盛り上がりが足りないせいか、いつまでたっても真相に近づかないと思ってたらラストに怒号の勢いで解決してました。

なんか拍子抜けというか真相わかってもふーんで終わってしまった。