読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】本屋襲撃の目的は広辞苑!?『アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎』

小説感想

古本屋で見つけました。ラッシュライフやゴールデンスランバーは読んだことあるけどあまり他の作品読んだことないや。

 

本の情報・あらすじ

アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎(創元推理文庫)

 

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は――たった一冊の広辞苑!? そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ! 注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。

 

 

 

 面白かったところ

本屋強盗とペット殺し 二つの事件がつながっていく

この小説は本屋強盗の話とその2年前起こったペット殺しの話の2つの話が交互に展開していきます。

 

本屋強盗では大学生になったばかりの椎名が隣人同じアパートに住む河崎にこの話を持ち掛けられます。

一方2年前の事件では河崎、琴美、ブータン人のドルジの3人を中心に話が進んでいく。

 

過去編の3人の会話が面白い。ブータン人のドルジがいることでちょっと考えさせるような会話が良かったです。

 

最初はとっつきにくいんですが全然関係ない二つの話が繋がっていき明らかになる真相。そして最後のどんでん返しとエンタメ要素もばっちり。

 

ただ面白いだけではなく最後は切ない

二つの事件が繋がっていく様は読んでてすっきりします。あれが伏線だったのかとわかる瞬間は良い。

 

そして爽快な気分で終わるかと思えばまさかの展開へ。何がどうなるかは読んでからのお楽しみ。完全に騙されました。