万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】大ボリュームの百鬼夜行シリーズ『姑獲鳥の夏/京極 夏彦』

ミステリといえば必ず名前が上がる京極夏彦。その分厚さから敬遠してましたが読んでみます。

 

 

本の情報・あらすじ

姑獲鳥の夏/京極 夏彦(京極夏彦)

この世には不思議なことなど何もないのだよ――古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第一弾。東京・雑司ヶ谷の医院に奇怪なうわさが流れる。娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。京極堂、文庫初登場!

 

 

 

 

京極堂シリーズ初挑戦

姑獲鳥で「うぶめ」と読みます

 

いろいろな書評サイトなどで挙がっていた作品。表紙見ただけやとホラー文庫みたいな印象を受けるけどミステリ小説です。分厚く文字もぎっしりだったので読み応え抜群。ただ難しい理論というか言葉を使うので読み進めるのには時間がかかった。

 

最初の100ページくらいはひたすら京極堂の理論を読み続けるだけなのでそれを乗り越えれるかどうかが分かれ目な気がする。自分もこの部分は物語が進展しないから挫折しそうになった。

 

陰陽師、探偵、文士など登場人物が個性的だけど、物語が戦後から数年ということや、主に出てくる文士・関口の語りがわかりにくいのがきつかった。もっと京極堂がでて登場人物間のやりとりがあればよかったのに。

 

妖怪の薀蓄盛りだくさん ホラー?いいえミステリーです

陰陽師が主人公なためミステリのトリックというよりも妖怪の類の薀蓄と事件を絡めていくのがおそらくこのシリーズの面白いところだと思うんですが、

 

めっちゃ難しい。小難しい理屈とか薀蓄が好きな人には面白いかも。ただ肝心の事件の真相が微妙過ぎて…

 

人は見たいものしか見ない。現実を見てるつもりでもそれは脳が取捨選択した仮想現実ってことで、言われてみればその通りなのかもなとも思う。

 

でもなあ。もやっとします。

 

 

 続きの感想はこちら

typenitro.hatenablog.com