万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】無限ループで新人兵士がエリートに『All You Need Is Kill/桜坂洋 』

まとめサイトで紹介されてたおすすめラノベで購入。映画化も決定し、デスノートの小畑健により漫画化もされました。漫画もおすすめです。

 

本の情報・あらすじ

All You Need Is Kill/桜坂洋 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

「出撃なんて、実力試験みたいなもんじゃない?」敵弾が体を貫いた瞬間、キリヤ・ケイジは出撃前日に戻っていた。トーキョーのはるか南方、コトイウシと呼ばれる島の激戦区。寄せ集め部隊は敗北必至の激戦を繰り返す。出撃。戦死。出撃。戦死――死すら日常になる毎日。ループが百五十八回を数えたとき、煙たなびく戦場でケイジはひとりの女性と再会する……。期待の新鋭が放つ、切なく不思議なSFアクション。はたして、絶望的な戦況を覆し、まだ見ぬ明日へ脱出することはできるのか!?

 

 

 

 

 面白かったところ

クリアするまで終わらない戦い

めっちゃ難しいアクションゲームを想像してほしい。魔界村でもメタルスラッグでもよい。もしくは東方project。

 

最初は敵が強くてすぐゲームオーバーになってしまいますが、何度も繰り返すことで敵の攻撃のくせを覚えたり、いろんなパターンを試したり、純粋に上手くなったりしていずれクリアできます。

 

この物語もまさにそれです。

 

地球外生命体「ギタイ」と戦争を続ける人類。新人のキリヤ・ケイジは死ぬと出撃前日に戻ります。失敗したら最初から。すべての可能性を試し、攻略のパターンを構築していく展開はまさにゲームみたいです。

 

自殺しても終わらないループ。原因を見つけ出すためにキリヤ・ケイジの孤独な戦いが始まります。

 

無駄のない物語

個人的にはけっこう濃いストーリーだと思うけど300ページにも満たないのには驚きです。

間延びした日常パートやくだらない会話もなく必要なものを必要なだけ使った作品で最初っから最後まで面白いです。

 

漫画も原作に忠実でこちらもおすすめです。全2巻なので気軽に読めます。