読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】クースラがもはや別人『マグダラで眠れⅤ/支倉凍砂』

ラノベ感想

マグダラで眠れも5巻。クースラ一行の旅はまだまだ続きます。

 

本の情報・あらすじ

マグダラで眠れⅤ/支倉凍砂(電撃文庫)

 炎を吐く竜を使い、カザンの町から脱出した騎士団とクースラたち。港町ニールベルクで各地から逃れてきた騎士団と合流し、起死回生を図ることになる。

 しかし、ニールベルクにはある問題があった。神の祝福を授ける教会の鐘楼が無いのだ。製造が上手くいかず、作る度壊れてしまうのだと言う。

 そんな中クースラは、フェネシスの一族の手掛かりを得る。新たな発見に高揚するクースラだが、騎士団から呼び出され、鐘を作るように命じられてしまう。鐘の製造の失敗、それは即ち、“破滅”を意味していた――。

 眠らない錬金術師の本格ファンタジー、神に見放された町を舞台にした第5弾!

 

 

 

 

 

騎士団お抱え錬金術師から新たなる旅立ちへ

あとがきに「物語的に一つの転換点」と書かれている通り、新たな旅の指針が示され騎士団の加護から離れるという決断に至る大きな区切りとなる話だった。

今回の騒動の規模は前回に負けないくらい大きく、ウェランドの良さや騎士団のおっさんのマグダラからの最後に見せるやさしさなど面白いポイントはいくつかあったが…それよりも2人がいちゃいちゃしてる場面多かった。

 

船内の狭い隙間にかくれていちゃこらしたり、二人っきりの図書館でいちゃこらしたり、あげく膝枕とは。どんどん互いの距離が近づいていい感じになってる。一緒に旅してるウェランドとイリーネはさぞかしいじりがいがあるんじゃないだろうか。

 

クースラとフェネシスは1巻のことから比べるとまるで別人のように。フェネシスは初期の人に言われるがままだった時と比べて自分の意見をしっかりと持ち、錬金術師らしく成長してるけど、クースラは…。利子ってホントに呼ばれてたのかよって思うくらい…。大切なものを守るためのオリハルコンが欲しくて、そのためすべてを犠牲にして錬金術師として極めようとしていたこれまでの人生では考え方も方向性もしっかりしていたのだろうけど、いざ守るものができた今はそれでもなお錬金術師として生きてくためにすべてを犠牲にするのかとブレブレに。最初あんなにかっこよかったのにな。

 

錬金術師はあくまで目的達成のための手段であり。錬金術師にこだわっていることは目的と手段が入れ替わっている。この考えはいろんなところで大切になる考え方だと思う。

 

あと最後の挿絵の反則やわ。フェネシス可愛すぎる。