読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】青春は恋と友情と変身ヒーロー?『ボンクラーズ・ドントクライ/大樹連司』

ラノベ感想

ネットで紹介されてて気になったので購入。

 

本の情報・あらすじ

ボンクラーズ・ドントクライ/大樹連司(ガガガ文庫)

あの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなった――。ネットもケータイもまだ馴染みがなかった1999年、とある片田舎の高校。主人公の肇とカントクは、夢だけは大きく「日本の特撮映画を変えること」だが、映画の撮影準備と称して憧れの特撮ヒーローになりきる「ごっこ遊び」に興じてばかりのボンクラ映画研究部。そんな「撮らない」映画研究部に、わけありの美少女が飛び込んできて――。男子ってやつは、バカで、むき出しで、まっすぐで、最低だけど最高だ!!誰しもが通り過ぎる、恥ずかしく、苦く、痛々しい青春模様。

 

 

 

 

犬猿の仲から次第に惹かれ合う

イケメンで特撮オタで口だけは達者な男子と、映画を撮る技術があり男勝りな性格で完璧な姉にコンプレックスを持っている可愛い後輩の女の子。映画を撮るために二人は最初は反目しているもののあることがきっかけで徐々に二人の距離は短くなっていく――っていうベタなストーリーです、主人公がこの男子ならな。

 

表紙のイラストを見ればわかるように男は2人。主人公は黒髪眼鏡で何の特徴もないような男子生徒:肇で特撮オタでイケメンなのは茶髪っぽい左の男子:カントク。そして真ん中がヒロイン:桐香。

 

反目していて仲良くなっていくのはカントクと桐香で、主人公肇はそれを傍で見ている。最初は映画を完成させるために二人の仲を取り持つが、桐香への気持ちに気づき、次第に仲良くなっていく二人にもやもやするという…。ああ、煮え切らない。恋愛か友情か、年頃の男子はどちらも大事なのです。

 

物語でも撮ってる映画の中でも主役ですらない主人公。桐香とのやりとりで思うだけで実際に言葉にできないところは本当にやきもきする。言っちまえよと思う…がそれができたら苦労はしない。最終的にはヒーローになれたけどそれでも最後まで報われない主人公だった。

 

べたべた、ラブラブではなくほろ苦い青春もの。たまにはこういうラノベもいいね。