読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】誰か時系列の表をつくってれ『終物語[中]/西尾維新』

ラノベ感想

このシリーズもほんと息が長いよね。全然終わる気がしない

 

本の情報・あらすじ

終物語[中]/西尾維新(講談社BOX文庫)

“神原駿河は、私の姉の娘だよ――眠らせておくには、惜しい才能さ”

“何でも知ってるおねーさん”臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは……?

四百年の時を経て、蘇る武者――これぞ現代の怪異!怪異!怪異!

青春は、「彼」を語らず終われない。

 

 

 

 

最初の眷属の話

「つばさタイガー」があった裏で阿良々木が何をしてたかの話。このタイミングでそれを挟むのかと思うが、言われてみればその辺何してたか謎のままやったな。

化物語セカンドシーズンのアニメ見ててよかった。じゃないとそんな前の話とか覚えてないし話の繋がりわからんかった。

 

話の内容は別として正直別にここで挟まんくても良かったよなあ。セカンドシーズンの中でこの巻を出せば良かったと思う。今はそんなことよりも扇ちゃんの正体を早く知りたいってのが大きいし。

 

今回は忍の最初の眷属が登場。復活の経緯とかこれまでの辻褄合わせのための無理やり感があった気もするけど、漫然とした文章をだらだらと書かれていたこれまで(それが面白さのひとつではあるが)に比べたらそういうのは少なかった気がする。

 

最初の眷属のこととか割とどうでもよくて、神原と忍のやりとりが一番印象に残った。色物キャラとしてしか登場してなかった神原のちゃんとした場面ってのは貴重。

 

やっと次で扇ちゃんの正体がわかるんかな。早く次の巻が読みたい

 

 

  次の巻の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com