万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】親子二代で挑む殺人事件『隻眼の少女/麻耶雄嵩』

ダブル受賞という実績に惹かれて購入。

 

本の情報・あらすじ

隻眼の少女/麻耶雄嵩(文春文庫)

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が……。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版! 解説・巽昌章

 

 

 

 

 

 

先の読めない展開なんだけど…

「ダブル受賞」という謳い文句に釣られて読破。この作品は主人公:種田静馬が大学生のとき御陵みかげ(2代目)と解決した事件を第一部。それから18年後、同じ舞台で種田静馬と御陵みかげ(3代目)が挑む第二部と二弾構成になってる。始めはそんなこと知らんかったから、「え?こんなことで終わんの?」ってなった。

 

外部からの干渉の少ない寒村で行われる殺人事件。そこにはその村では神様のように敬われる「スガル様」の伝承が残っている。静馬とみかげは事件解決のために懸命に操作をするなか、それをあざ笑うかのようにまた一人殺される…。

 

どんどん殺されていく展開についていけず、犯人はまさかの人物だった。ただあんま面白くはなかったなあ。

 

まず2代目御陵みかげに全く惹かれなかった。すごい登場人物というのはわかる、でもあんまそれが伝わらなかったからかな。あとオチというか事件の真相が消化不良感があるのも。○○○くらい気づけよと。それが真相だってなったときは「えーっ!(驚き)」ではなく「えー(呆れ)」てなった。

 

ちょっと期待しすぎたのかも。もやっとする話だった。