読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【CD感想】『BIOS/電波少女』

 

電波少女(でんぱがーる)の1st Album

去年の夏にidler recordsから出た電波少女(でんぱがーる)のアルバム「BIOS」をようやく購入。

 

電波少女はRainyBlueと組んでた「バルトリン」、今ならFAKE TYPE.の客演など好きなネットラップの人たちと共演している曲くらいしか知りませんでしたが、この前あった#ORGMENT 3rdでのライブがかっこよかったのとこの「BIOS」が近々廃盤になるとかいうツイートが回ってきたので(事実かどうか知らんけど)思い切って購入しました。

 

 

 

 

 

#ORGMENT 3rdにて「ラップうまいやつはたくさんいるけど、かっこいいラップを聞かせやるよ」的なことを言ってましたが確かにかっこいいです。

 

バルトリンの「オルタネート」やFAKETYPE.で客演したみたいな「President feat. 電波少女」の勢いのある曲ばかりかと思ってましたけどメロディアスなトラックにメッセージ性の強い曲も多く、心に響く曲も。

個人的には「elephant-電波少女ver feat.野崎りこん」「ワンダーホエール」「Re:カールマイヤー リストカットver.」が好きです。

 

 

「ワンダーホエール」は幼少期の懐かしさを思い起こさせる。センチメンタルな気分になる歌詞の内容が印象的。

 

 

 

 

「elephant-電波少女ver feat.野崎りこん」「Re:カールマイヤー リストカットver.」は彼らが音楽に対してどういう想いでいるのかってのが伝わってくる曲でした。「Re:カールマイヤー リストカットver.」は原曲と違いアコースティックなトラックになっていますが、それが一層歌詞の内容を引き出している気がします。

 

 

 

買ってよかったと思えるアルバムでした。廃盤になって手に入らんくなるまでにぜひ買うべき一枚。

関西来てライブしてくれないですかねー。