読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】納得の面白さ!第20回電撃小説大賞“金賞”受賞作!『僕が七不思議になったわけ/小川晴央』

ラノベ感想

金賞受賞作ということで購入

 

本の情報・あらすじ

僕が七不思議になったわけ/小川晴央(メディアワークス文庫)

 石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。

「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」

 なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!

 生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー

 

 

 

 

第20回電撃小説大賞“金賞”受賞作!!

本の帯に時雨沢恵一(「キノの旅」著者)が「読んだ貴方は騙される。読んで私が騙されたように。」とコメントがあり、そのコメント通りに完全に騙されてしまった。

 

コミカルでテンポの良い会話劇が多く、読みやすいながらも話自体は「バカっぽい面白さ」ではなく「切ない良い話」だった。そしてネタバレなしで読んだらまず騙されるんじゃねえかなと思わせる話の構成。伏線もしっかり回収しており、真相がわかり始める終盤は続きが気になり一気に読了。ラストはぐうの音のでないくらいのハッピーエンドって訳ではないけど、前をしっかり向いた気持ちの良いエンドで読後感が爽やかだった。

 

七不思議を司る精霊・テンコは喋り方が女の子っぽくなく、どこか「狼と香辛料」のホロを連想させた。昔からいる精霊のためかテンコと中崎夕也との会話にはどこかずれた面白さもあり、個人的にツボに入ったのは「シックスセンス」の下り。

 

金賞受賞作ってことはこれがデビュー作になるんかな。これは今後の作品も期待したい。