読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】楽器をやってみたくなる『さよならピアノソナタ/杉井光』

神様のメモ帳の作者の青春学園ラノベ。あっちはいつになったら続きが出るんだろなあ…

 

本の情報・あらすじ

さよならピアノソナタ/杉井光(電撃文庫)

「六月になったら、わたしは消えるから」

 転校生にしてピアノの天才・真冬は言い放った。彼女は人を寄せ付けずピアノも弾かず、空き教室にこもってエレキギターの超速弾きばかりするようになる。そんな真冬に憤慨する男子が一人。大音量でCDを聴くためにその教室を無断使用していたナオは、ベースで真冬を“ぶっとばす”ことにより、占拠された教室の奪還を目指す。民族音楽研究部なる部活の創設を目論む自称革命家の先輩・神楽坂響子とナオの幼なじみ・千晶も絡みつつ、ナオと真冬の関係は接近していくが、真冬には隠された秘密があって――。恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。

 

 

 

 

楽器を弾きたくなる!!

「神様のメモ帳」以来の杉井光作品。

 

あれはラーメンが食べたくなるラノベだったけど、これは楽器を弾きたくなるラノベ。最初の巻のためバンドを結成する以前で終わってしまうがそれでもうまくまとまってる。主人公とヒロインの性格が「神様のメモ帳」と被るので、舞台だけを変えて二人のやり取りを観てるみたいだったが、この人の書く文章は読みやすくきれいにまとめるので好きです。

 

クラシックには疎いので作中で出てくる楽曲(ピアノがメイン)は知らないものばかりで、それをギターアレンジにしたって言われてもピンと来ない。それでも旋律の美しさ、ギター・ベースの荒々しさ、音楽の楽しさというのが文章から伝わってくる。

 

特にバンドを人に例えたのがうまいと思った。「バンドを一人の人間だとすると、ベースは心臓だ」ってのは良い。ちゃちなイヤホンとかじゃ気づかないけど、ライブとかではものすごい存在感を示す楽器。腹に響く重低音でバンド全体のリズムを刻むベースは、なるほど確かに心臓だ。いいなあ。ピアノ・ギター・ベースとそれぞれ良い描写だったけどベースにめっちゃ惹かれた。

 

次巻以降では各キャラの掘り下げだけでなくドラムの良さやセッションの楽しさとかも語られるんだろうか。