読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】仕事も野球も大逆転!『ルーズヴェルト・ゲーム/池井戸潤』

小説感想

ドラマが面白そうだったのでドラマを見ずに原作を購入。

 

本の情報・あらすじ

ルーズヴェルト・ゲーム/池井戸潤(講談社文庫)

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが――社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転(ルーズヴェルト・ゲーム)とは。

 

 

 

仕事でも野球でも大逆転!!

現在ドラマをやっている「ルーズヴェルト・ゲーム」。著者は先日ブームとなった「半沢直樹」(小説タイトルは「俺たち花のバブル組」)の池井戸潤。

 

何年か前に直木賞をとった「下町ロケット」と同様、確かな技術力を持った中小企業が、金にモノを言わせる悪徳企業を相手に逆転劇をかますという読んでて爽快な気分になる話。話の流れが下町ロケット被るが、こういう王道な展開ならば被るのは仕方ないのかなと。「下町ロケット」と違うのは、この話では会社経営と野球との二本柱になっていること。

 

野球部は青島製作所のチームなので二つは運命共同体で、こちらも窮地に立たされていた。ただ野球の方は最後の試合に至るまでの展開に重きを置いているのためか試合の展開はプレーの描写はそんなに…。ラストの落ちも見え見えだったので無事存続でも良かったのではないかな。

 

どんどん状況が悪化していく中で奮闘する社長:細川と今まで青島製作所を引っ張て来た会長:青島との会話がかなり響く。一社会人として大切なことがいろいろ書かれているので、王道展開にわくわくしながらも時々感動するといったふうに読めた。多分見んけどドラマもうまくいってほしいな。