万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】二人三脚で目指す空の果て『飛べない蝶と空の鯱 ~たゆたう島の郵便箱~/手島史詞』

ネットのおすすめにあったので購入。

 

本の情報・あらすじ

『飛べない蝶と空の鯱 ~たゆたう島の郵便箱~/手島史詞(ガガガ文庫)

「約束だ。一緒に飛ぼう。空の最果てまで――」霧の上を島が浮遊し、漂う世界。「霧妖」という魔物が棲む霧の海を飛び、命がけで人々の想いを封じ込めた「封書」を運ぶ「武装郵便屋」の少年・ウィルと、不思議な少女・ジェシカの物語。飛ぶのが下手で風の読めないウィルと、あることがきっかけで空が怖くなったジェシカ。お互いの欠点を補い合わないと飛べない二人は、それでも空に憧れ、死と隣り合わせの霧に挑む――「空の底」に何があるのかを知るために――。二人乗りの「翼舟」で雲の上を疾走する爽快冒険ファンタジー。

 

 

 

二人三脚で目指す空の果て

世界観はすごい好み。世界の空は「蒼界」と「雲界」に分かれており、人類は「蒼界」で暮らしている。島同士のやり取りは手紙を用いるのだが、空の支配者は人類でなかった。雲界に棲む「霧妖」が空を支配しており、武装郵便屋は命がけで手紙、そして手紙の上位互換である封書(当時の記憶・感情をも込めれる手紙)を届ける。

物語の舞台が空なだけあって登場キャラが絞られていても壮大な感じがする。変にハーレムものになってなくてウィルとジェシカが悪態つきながらも互いに信頼し合ってるのも好印象。

 

「霧妖」との空戦も面白い。数・大きさ・スピードすべてが劣っている中、風を読みギリギリで交わしながら戦うところは臨場感たっぷりだった。

 

ただ中盤あたりまでは面白かっただけに終盤急に駆け足になったというか雑になっていたのが残念。最後の方説明不足な気がする。何やってんのかどうなってんのかがよくわからんかった。それまでの勢いで読めるからそこまで気にすることでもないし、ただ単に自分の読解力がないのかもしれんが。

 

全6冊(?)の中の1冊目なのでプロローグ的な意味合いもあるので今後どうなるか。ぼちぼち読んでいこうかな。