万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】ひとつの不死のかたち『死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死/野﨑まど』

順調に野崎まど作品読み進めてます。

 

 

本の情報・あらすじ

死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死/野﨑まど(メディアワークス文庫)

不死という矛盾。そして殺人の謎。

 「永遠の命を持った生徒がいるらしいんですよ」

 生物教師・伊藤が着任した女子校「私立藤凰学院」にはそんな噂があった。話半分に聞いていた伊藤だったが、後日学校にて、ある女生徒から声をかけられる。自分がその「死なない生徒」だと言ってはばからない彼女だったが、程なく彼女は何者かの手によって殺害されてしまう――。果たして「不死」の意味とは?そして犯人の目的とは!?

 第16回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞者・野﨑まどが放つ、独創的ミステリ!

 

 

 

 

 

ひとつの不死のかたち

小中高一貫の女子校が舞台。その学校で昔から伝わる“永遠の命を持った生徒”の噂。そんな噂を聞いた新任教師:伊藤に自称永遠の命を持った生徒:識別組子が接触するところから物語は動き出す。

 

自称死なないのに殺されるという矛盾をどう説明するのかと思ったらまさかの理論だった。確かにそれでも「識別組子」という存在は保たれるのか。そういう目で読めばちらほら伏線になりそうなところがあったんだろうなあ。

 

そして真犯人と動機も予想外だったし、その内容がちゃんと最初にリンクするのがさすが。

 

短いページ数の中に小ネタが豊富にちりばめられていて楽しく読めるのに、終わると薄気味悪さが残るという相変わらずの野崎まどクオリティでした。

 

四角形と五角形の中間の図形ってどんなんだろうな。