読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】友達の定義とは『パーフェクトフレンド/野﨑まど』

話題作の「2」まであと1冊!

 

本の情報・あらすじ

パーフェクトフレンド/野﨑まど(メディアワークス文庫)

少女たちが織りなす«友情»ミステリ

 周りのみんなより、ちょっとだけ頭がよい小学四年生の理桜。担任の千里子先生からも一目置かれている彼女は、不登校の少女「さなか」の家を訪れるようにお願いされる。

 能天気少女のややや(注:「ややや」で名前)や、引っ込み思案の柊子とともに理桜は彼女に家に向かうが、姿を現したさなかは、早々に大学の勉学を身につけ、学校に行く価値を感じていない超・早熟天才少女であった。そんな彼女に理桜は、学校と友達がいかに大切であるかということを説くのだったが……?

 

 

 

 

 

友達の定義とは

野﨑まどシリーズ5作目。「2」の前に読んどいたほうがいいという本もこれが最後。

 

今回は初の女性が主人公(振り回され役)だった。さなかは別格な知能を持ってる設定だとしても理桜の頭の回転が小4とは思えない(笑)

アホの子やややといじられキャラの柊子がいるためコミカルな会話はこれまで以上。逆に小ネタを挟みすぎているのでシリアスになってもなりきれてない気がした。

 

さなかが解明した「友達の定義」は不気味そのもの。理論としては分かる部分もあるけどすべてが数式で表されるほど友達というものは簡単じゃないと思いたい。

 

後半は作品おなじみの気味の悪いシリアスな方に展開していくんだけど、どんでん返しというか急な展開の連続だったのでついていくのが大変だった。それでも最後のオチにはびっくり。さなかの名字があれとは…。

 

って思ったら最終章のタイトルが「Perfect fabulist」(完璧な脚本家)だった。てことはこの母親あの作品のあの人やん。そらもうすべてが彼女の思惑通りだわ。母親になっても全く衰えず娘にも受け継がれてんのが恐ろしい…。