万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【薬】Q. Ca拮抗薬にあるL型、N型とかの違いって何?

 

Ca拮抗薬は高血圧の治療薬の代表的なものであり、多くの方が服用中しています。Ca拮抗薬という名前の通り、Caチャネルに作用することで組織や細胞間でのCaの行き来を阻害し効果を発揮します。

 

L型やN型というのはCaチャネルのサブタイプです。それぞれ分布している組織が異なるなど特徴があります。

分布している部分の違いはおおざっぱにいうと、

L型…心臓や欠陥全般に分布している。多くのCa拮抗薬はこのチャネルを阻害する。

N型…交換神経など神経終末に分布。神経伝達物質の放出に関わっている。

T型…心臓のペースメーカーとなる洞房結節や糸球体に存在。

といった違いがあるようです。

 

 

 

多くのCa拮抗薬はL型Caチャネルを阻害することにより、血管の収縮を抑制→血圧低下という効果が期待できます。

 

 

しかし、ヒトには恒常性(簡単に言うと体内の状態を一定に保とうとする力)があり、血圧が下がると血圧を上げようと交感神経が刺激されます。

Ca拮抗薬の副作用などでよく見る反射性頻脈は、Ca拮抗薬投与→L型Caチャネル遮断により血圧低下→血圧を上げようとして交感神経が活発に→分泌されたノルアドレナリンが血管・心臓に作用→頻脈 という流れで起こります。

 

 

Ca拮抗薬の一つであるアテレック(成分名:シルニジピン)はL型だけでなく、N型Caチャネルも阻害する作用があります。N型Caチャネルを抑制することで交感神経が活発になるのを防ぐため反射性頻脈が起きにくいという特徴があります。

またL/N型Ca拮抗薬(シルニジピン)に切り替えることで副作用のひとつである下肢浮腫をが抑制されたという報告もあります(日経メディカルの記事

 

 

コニール(ベニジピン)やランデル(成分名:エホニジピン)はT型Caチャネルにも作用するため心保護や腎臓を保護(糸球体の血管拡張→糸球体内圧を軽減)も期待できるみたいです。

 

ネットで調べてたら持田製薬のHPで公開されている解説動画が一番勉強になりました。

持田製薬株式会社のCa拮抗薬解説動画