読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】真澄の正体が明らかに『RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた/荻原規子』

小説感想

2巻が思いのほか面白かったので続きを読むことにしました。

 

2巻の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com

 

 

本の情報・あらすじ

RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた/荻原規子(角川文庫)

 

学園祭のテーマに〈戦国学園祭〉が決まり、鈴原泉水子、相楽深行たち生徒会執行部は、夏休みに宗田真響の地元、長野県戸隠で合宿することになる。初めての経験に胸はずませる泉水子だったが、真響の生徒会への思惑がさまざまな悶着を引き起こす。そこへ、真響の弟、真夏の愛馬が危篤だという報せが届く。三つ子の一人である真澄によって真夏は次元の向こうに取り込まれ、大きな災厄が……! 最高傑作、RDGシリーズ第3巻!!

 

 

 

 

真澄の正体が明らかに

時期は一学期を終えて夏休みへ。夏休み。いい響きです。学生の特権…羨ましい。

 

前巻で友人となった宗田姉弟の故郷である長野での合宿。故郷が舞台になるだけあって真響、真夏、真澄にスポットが当たる話だった。家族との対面、愛馬の死、そして真澄の正体、と掘り下げている。特に真響は自分がトップになるという意思がありそのために生徒会やファンクラブも利用しようとしている。かといって生徒会もあくまで自分たちの立場を理解しており一筋縄ではいかないといった感じ。

 

高柳が悪者扱いされてるし実際悪者なんだろうけど、単純に真響 vs 高柳の二つに分かれるわけではなさそう。

 

学園祭の準備のための準備の段階なので話としてはあまり進んでいないが、宗田家関連以外でも学園でトップになる事の意味、紫子登場、深行覚醒(?)などなど続きが気になるところがたくさんあった。

 

泉水子が酔っぱらって寝たときの深行の慌てっぷりがどんなのだったのかが気になる。

 

 

 続きの感想はこちら

typenitro.hatenablog.com