読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】嵐の前の静けさ『RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女/荻原規子』

小説感想

夏休みも終わりついに2学期へ。戦いの場となる学園祭の準備が始まります。

 

前巻の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com

  

本の情報・あらすじ

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女/荻原規子(角川文庫)

 

夏休みの終わり、鳳城学園に戻った泉水子は、正門でふと違和感を覚えるが、生徒会執行部として学園祭の準備に追われ、忘れてしまう。今年のテーマは、〈戦国学園祭〉。衣装の着付け講習会で急遽、モデルを務めることになった泉水子に対し、姫神の出現を恐れる深行。果たして終了後、制服に着替えた泉水子はやはり本人ではなく……。物語はいよいよクライマックスへ。姫神から語られる驚くべき真実とは!RDGシリーズ第4弾!!

 

 

 

嵐の前の静けさ

学園祭へ向けての準備巻。毅然とした仄香の意外な弱点が見れたり、泉水子が恋に悩む女の子になっている。

泉水子は1巻の頃に比べると成長具合がすごいな。マイナス思考なのは変わらないが、ただ悩んで諦め落ち込んでいた以前と比べて、悩むもそこから挑戦するようになっている。同室の真響がさばさばしたタイプの明るいキャラ(内面はもちろん複雑だが)なのでその影響も大きいんだろうな。

 

泉水子が深行にやきもきしている間にも学園祭に向けての準備は着々と進んでいく。そして学園祭の裏で行われるであろう何かの準備も着々と……。学生じゃない一般人が来ても大丈夫な日に、直前に急な変更などで生徒会が監視できない部分を作りそこで高柳が何をしようとしているのか。私気になります。

 

そんな中、またも現れた姫神が告げる真実。人類滅亡するとかスケールでかすぎてピンとこない。しかもそれは泉水子が世界遺産になったらアウトだという。

 

様々な考えが交錯する学園祭。準備に2巻も使ったから面白くなることに期待。

 

 続きの感想はこちら

typenitro.hatenablog.com