読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】人の口に戸は立てられぬ『白ゆき姫殺人事件/湊かなえ』

映画で有名になった作品。報道のゲスさ、ネットの一人歩きを的確に描いていていい意味で気持ち悪い。

 

本の情報・あらすじ

白ゆき姫殺人事件/湊かなえ(集英社文庫)

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなとこから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人人への聴き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊報道誌は過熱する一方。匿名という名の皮を被った悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

 

 

 

 面白かったところ

人の口に戸は立てられぬ

映画にもなった作品。主人公は一応フリーライターの赤星なのだが、彼が事件に関わる人にインタビューし、その相手の発言のみで話が進んでいく。

 

気持ち悪かった。最近の事件でもよくある、犯人の候補が上がっただけでその人の本名、住所、学歴、趣味、過去の文集など、そんなに掘り返さんでもええやろってくらい深く調べているさまそのもの。

 

非難するにしろ擁護するにしろインタビューを受けている人たちは何かしら話を盛ったり、会話の途中で関係なさそうな出来事をこじつけたり(呪いとか)としてる。ある人のインタビューでは話題の人物の気味悪い行為だが、当事者からのインタビューは全く違う真実だったりと、同じ物事でも見る人によって見えてくるものが違うところが面白い。

そしていろんな人々から聞いた事から話題として面白そうな部分だけを切り取って記事にするフリーライター。売れなきゃ意味ないんだろうけど、インタビューを読んだあとに記事を読むと、ああマスゴミだなあってのがよくわかる。真犯人がわかった後の週刊誌の逃げ方とかまさにゴミ。

 

またSNS(要はtwitter)上での情報発信も面白い。SNS上では本名もバンバン出て、いろんな人の憶測が飛び交っている。限られた文字数で伝えられることには限界があり、その一部だけを見て判断してしまうこともしばしば。

 

絶対話題の人物が犯人ではないと思ってたが真犯人は予想外の人物でした。こいつも白ゆきかい。

 

ただ最後に週刊誌の記事とSNSがまとめて書かれてあるのが残念だった。まとめてだと似たようなことばかり書かれていたし、できれば各章ごとに載せて、インタビューとネット、報道の違いを分かりやすくした方が面白かったと思う。