読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】人気作家が描く19歳の物語集『19‐ナインティーン‐/橋本紡、柴村仁、紅玉いづき、入間人間、綾崎淳』

好きな作家さんがいたので購入。こういう雰囲気の短編集はいいですね。

 

本の情報・あらすじ

19‐ナインティーン‐/橋本紡、柴村仁、紅玉いづき、入間人間、綾崎淳(メディアワークス文庫)

神様って意地悪だ。だけど……。

 成人すると同時に下方面の大人も迎えようという、最高に下らない決意と熱意を秘めて、ここまで戦ってきた。/地上には人々の想いが溢れているのだ。それってすごいことだよね。ああ。胸糞悪い。/「ふーん。じゃあ、お金を借りたお礼に、あたしがあんたを変えてあげよっか?」/頑張れば、出来るって思ってのは一体誰だろう?/好きな人と手を繋いで、キスをして、抱き合って、求め合う。ぬくもりを感じる。それのどこがいけないのだろう。

 19歳をテーマに、5人の人気作家が描く、彼女彼らの物語。

 

 

 

 

 

ラノベ作家5人が送る大人一歩手前の若人たちの物語

「半分の月がのぼる空」の橋本紡と「人喰い三部作」のl紅玉いづきの2人が参加してたので読んでみた。あとの3人の作品は読んだことなかったのでこれがきっかけになればと思って。

 

19歳だった/入間人間

タイムループもの。突如として20の誕生日を迎える前日に戻ってしまった主人公。彼女とのデートの数時間をひたすらに繰り返す現象を主人公が解き明かそうとする話。彼女とのエッチを迎える前にループが起こるため何としても打破しようとする主人公。キーワードは写真。

 

×××さんの場合/柴村仁

とある大学でストーカーとなったとある学生と被害者をいろんな人物の視点から見る話。複数の視点から物語が語られる。ストーカーって怖い。そして女の子も怖い(笑)

 

向日葵ラプソディ/綾崎隼

陰気な大学生と勝ち気な女の子のボーイ・ミーツ・ガール。夜の寂しい電車内で酔っ払いに絡まれてる女の子と遭遇した主人公。しかし主人公が助ける前に彼女は酔っ払いをブッ飛ばし、さらに主人公に恐喝までしてきた。妙な女の子と出逢ってしまった彼はそのまま彼女の家の問題に巻き込まれることに…。

アフターストーリーが読みたい。

 

2Bの彼女/紅玉いづき

浪人生の主人公は受験を控えながらも自身のブログで細々と漫画を更新していた。漫画に出てくるのは巫女と亀と牛と馬。言いたいことは漫画のキャラに代弁させたりしながら受験勉強の気分転換(目を背ける)ために漫画を更新していく主人公。しかし季節が進むにつれて自分と自分が書く漫画と向き合っていくことに。

綺麗にまとまっていて面白い。

 

十九になるわたしたちへ/橋本紡

この本の中では一番のお気に入り。

残すところあと半年の高3の物語。ザ・青春。受験を控えていて余裕がなくても、半年後にバラバラになるのが分かっていても、それでも今この瞬間二度とやってはこない。だから好きな人には気持ちを伝えるのも大事だと。

これから歩む生徒と歩んできた道を振り返る先生の言葉がとても大切なことを言っている。

時間は流れる。どんどん。ためらったら、失うばかりになってしまう。   (305頁)

高校生に限らずどの年代の人にも当てはまる。今が一番若い、だから今やるんだ。