万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】もう一度高校生活をやり直せるなら『アオイハルノスベテ/庵田定夏』

「ココロコネクト」作者の庵田定夏の最新作。

 

良かった。アニメのココロコネクトが(アニメの内容は面白かったのに)あんな炎上したから作家辞めるかもって思ってたから復活してくれてほんと良かった。

 

本の情報・あらすじ

アオイハルノスベテ/庵田定夏(ファミ通文庫)

輪月高校に入学した生徒だけが発症する不思議な力――≪シンドローム≫。

その力で、横須賀浩人は強制的に時間を巻き戻されてしまった。どうしてこんな状況になったのか、誰の力が原因なのかも分からず、残っていたのはかすかな記憶だけ。そんな状況で浩人が掲げた目標は――白紙になった三年間を最高の高校生活としてやり直すこと!?幼なじみやマニアックな友人、さらに近寄りがたい美少女との接触からすべてが始まる、オールデイズ青春グラフィティ!!

 

 

<

 

 

 

高校生活をやり直せたならどうするか 

舞台は前回と同じ高校。ココロコネクトでは部活のメンバーが不可思議な事件の対象になってたが、今作では学校全体でシンドロームと呼ばれる能力が発現している。なんとなくサクラダリセットっぽい。

 

 

前作が1冊の中で事件が完結してたけど今回はシリーズ化が前提のためか主要人物紹介とシンドロームについての説明がほとんど。

シンドロームの内容は人それぞれだが、その能力は個人が内面に持ってるものが反映されるというのが面白い。人の視線を気にして空気のような存在になりたいとか、誰でも一度は思ったことあるんじゃないだろうか。

 

入学して早々にシンドロームが「発現した」少数派の生徒と「発言していない」大多数の生徒との軋轢。学校という独特なコミュニティだからこその対立はシンドローム関係なく実際の学校でも見られるものだと思う。

 

 

3年後の未来を変えるために奔走する主人公が今後どうやって運命に立ち向かっていくのか。正直この巻だけの盛り上がりは微妙だったが今後はどうなるんだろうな。ココロコネクト好きだっただけに期待。