読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【薬】薬がみえる vol.1/医療情報科学研究所

薬剤師関連
「病気がみえる」シリーズの医療情報科学研究所の新シリーズ「薬がみえる」

 

タイトル通り薬理学に特化し「この薬は体内でこうやって作用する」というのが、カラーの図解イラストで分かりやすく解説しておりその辺の教科書よりもわかりやすい。

 

vol.1では神経系、循環器系、腎・泌尿器系の薬剤について書かれている。あくまで薬理学の基本なので臨床の場でそのまま当てはめることは難しいかもしれないが、基本ができてないのに応用ができるわけもないので、薬剤師の知識の復習のために手元に持っておきたい1冊。

 

薬剤師を目指す薬学生だけでなく他の医療系の学生が読んでもわかりやすいとので薬理学の入門書としても十分使える。授業だけじゃ物足りない意識の高い学生は是非手に取ってみては。

 

全4冊で今年にvol.2が出る予定なので出たらすぐ買おうと思う。

 

 

同様の理由で「病気が見えるシリーズ」もおすすめ。(まだ買ってないけどいずれは全巻を…)