万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

株売買の基礎を学ぶ うねり取りに挑戦

「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んで株に手を出そうと決め、口座開設をし買った株が下落してしまいました。

 

僕が買ったとたん下がるってなんなん。前の日まで上がってたやん。

ビギナーズラックとかないもんなんやろか。損切りは早くしたほうがいいそうなんで売りに出したんですが今日は売買制約せず…

 

前日の終値と今日の始値って同じじゃないんですね。株って難しい。

 

株の入門書をいくつか読みましたが一説には「プロの投資家vsサルがダーツで決めた銘柄を売買する人」で成績を比較したら差がつかないそうですね。

 

それって完全に博打ってことか?

 

確かに未来の株価なんて予想できんし最初の1回負けたから次も負けるとは限らない。

でも今のままじゃ金が減ってく未来しか見えない。儲けと損がトントンでも手数料分だけは確実にマイナスになるわけで。

 

もうちょっと株について知ろうと思って今日これ買ってきました

 

うねり取り入門―株のプロへの最短コース

うねり取り入門―株のプロへの最短コース

 

  

 昔から行われている「うねり取り」という手法について書かれている本だそうです。

うねり取りがどんなのかはこれから勉強するからよく分かりません。

 

ただこの株の2chまとめで出てくる人が最初にやったのがうねり取りだそうなんで悪手ではないと思ってます。

www.fx2ch.net

 

この本自体が15年以上前の本ですが「うねり取り」という手法は今も投資家たちが実践しているそうです。

ファンダメンタルとかじゃなくてチャートだけで判断するっぽいので仕事しながらでも実践できそうなので選びました。

 

長い間多くの人に使われている方法なら習得できれば利益につながるだろうと思ってます。

 

株って奥が深い。頑張ります。