万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】壮大な乱痴気騒ぎ『塗仏の宴 宴の始末/京極夏彦』

 大作でした。

 

表紙の写真のインパクトすごいですね。めっちゃロックなポーズしてる(笑)

 

上巻の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com

 

本の情報・あらすじ

塗仏の宴 宴の始末/京極夏彦(講談社文庫)

「愉しかったでしょう。こんなに長い間、楽しませてあげたんですからねぇ」。

その男はそう言った。蓮台寺温泉裸女殺害犯の嫌疑で逮捕された関口巽と、伊豆韮山の山深く分け入らんとする宗教集団。接点は果たしてあるのか?

ようやく乗り出した京極堂が、怒りと哀しみをもって開示する「宴」の驚愕の真相。

 

 

 

 

 

 

これまでのシリーズの集大成

上巻の感想はこちら

【本】『塗仏の宴 宴の支度/京極夏彦』 感想 - 万年こたつ

 

この感想でも書いたのですが、過去の事件に関わった登場人物がわんさか出てきます。なのでできるだけ間をおかずに読んだ方が楽しめます。

 

残念ながら僕は登場人物全然わからんかったよ…。他の人の感想を見てそういやこんな人おったなーって感じ。

 

続き物はなるべく一気読みしないとわからんくなるね。

 

まあ主要登場人物だけ分かればある程度は楽しめるのでそれで良しとしよう。

 

しかし下巻でも半分超えてなお物語が収束する気配が一切なかったときはどうなるのかと思いました(笑)

 

 

 

京極堂ファミリーの心強さったら半端ない

ファミリーというか探偵:榎木津の心強さが半端ない。上巻でもあっちゃんのピンチに颯爽と現れ武闘派集団をボコボコにし、下巻でもおいしいところばっかり持っていきます。

 

ていうか榎木津万能過ぎん?イケメンで真実(?)を見る目を持っていて強い。言動は突飛だけど

 

中禅寺と榎木津がいるときの安心感がすごい。

 

今回は謎解き部分よりも中禅寺の事件に対する考え方を知れたのが面白かった。

 

中禅寺の事件に対する、憑物落としに対する覚悟が現れていてそこだけでも読んで良かったなあと思ったり。

 

ただ謎解きとしてはどうなんだろうね。催眠術と薬が万能すぎてなんでもありになってた気がする…。

 

続きも積読してるけどこのシリーズを続けて読むのは体力がかなりいるので手に取るのはいつ頃になるだろうか。

 

 

続きの感想はこちら

typenitro.hatenablog.com