万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】太陽の召喚の謎を解き明かす『マグダラで眠れ (7) /支倉凍砂』

ようやくマグダラで眠れの7巻を読破。既に8巻も出てるけど積んだまま忘れてた。

 

前の巻の内容がうろ覚えだったんですが、読み進めると思い出していくもんですね。

 

本の情報・あらすじ

マグダラで眠れ (7) /支倉凍砂(電撃文庫)

 

錬金術師たちの次なる目的地は、太陽の召喚により一夜で滅んだというアッバスの町。さっそく天使が残した『太陽の欠片』の調査を始めるクースラの前に、書籍商を名乗る男フィルが現れる。フィルもまた異端審問官アブレアが残した伝説の足跡を追っており、アッバスの町に古くから伝わる『白い悪魔の生贄の儀式』こそがその手がかりではないかと語る。
儀式が行われる祭壇を調査するうちに、伝説の真相に近づいていくクースラたち。たがその時、思いもよらない事態が彼らを待ち受けて――?

 

 

 

 面白かったところ

幸せの青い鳥はすぐそこにある

巻を重ねるごとにクースラが丸くなってます。もうデレッデレ。フェネシスへの好意を他の人に隠すこともしなくなったんだなあとなくなりました。冷徹なクースラは過去の人になってしまったのだよ。

 

自分もその気持ちに対して目を背けたりしなくなったクースラは「太陽の儀式」へ挑んでる最中に自分が追い求めてたものが何なのかに気づきます。

 

これ以上、どこに行く必要があるんだ?

 

マグダラのために周りのすべてを削ぎ落として利用してきたクースラが、好きな人がいて腐れ縁の友人がいて鍛冶屋に書籍商もいてみんなが一つの目的のために全力を尽くすこの空間こそが自分の求めてきたものだとわかってしまいます。

 

気付いたらそこにあるものが一番の幸せだったとか素晴らしいよね。発売直後に読んでたらこの巻でシリーズ終わるんじゃないかと思うとこだった。終盤の盛り上がりも最高潮でしたし。

 

スピンオフのキャラとの出会い

マグダラで眠れと同じ世界観で書かれたスピンオフ作品の「少女は書架の海で眠る」からフィルが登場です。

 

 

念願の書籍商になれたのはいいけどあんな好青年だったフィルが立派な肥満体系に…。仮にも主人公を務めた男がなんて無残な姿姿を…。

 

ていうクレアちゃんはー?太ったから愛想尽かされちゃったんでしょうか?

  

 

学校で習ったことあるのが実験の対象に

前までをちゃんと覚えてないけど多分一番化学してました。イチャラブばっかりじゃなくて。そういえばこの人ら錬金術師でしたね。

 

炎色反応で出てきた抽出したものを確かめたり、仮説を立て実験をし仮説の考証をし…と得られたものばかりに目が行くけどそこに至るまでの地道な過程が化学者だなあって感じがしました。

 

それにしてもまさか窒素化合物を作り上げるなんて…。白い者たちの技術力もすごいけどそれを見つけ出したクースラも相当すごい。火炎放射器でもやばかったのにさらに巨大な力を見つけるとは。

 

クースラたちの解明するものの規模がどんどん大きくなって関わってくる話も大きくなっていますが、今後どうなるんだろう。終盤に近付いてる気もしますが正直だれる前にきちんと終わってほしいなとも思ったり。