万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】成長したウェイバーの活躍がここに!!『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」/三田誠』

 

 

発売から1年以上積んでいましたがFGOのイベントもロード・エルメロイが活躍するZeroイベントだったのでついに読み始めました。

 

Zeroのウェイバーもヒロインですごく良かったのですが、このエルメロイ2世めっちゃ魅力的なキャラです。

 

 

本の情報・あらすじ

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」/三田誠(TYPE-MOON BOOKS)

 

「……ある意味で、現代の魔術師とは、天使を蒐集する職業だといってもいい」

『時計塔』。
それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。
この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイⅡ世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。
だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった――。

魔術と神秘、幻想と謎が交錯する『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』、いざ開幕。

 

 

 

 

 

 

 面白かったところ

エルメロイ2世の活躍が読める

Zeroのウェイバーがのちにエルメロイ2世となり凛の師となるっていう設定だけでも当時はテンションがあがったものです。

 

しかしアーネンエルベの1日やアポクリファ、プリヤでちょろっと出てくる彼はいつも周りに振り回されてるふうで、あの日征服王に最高の栄誉を頂いたウェイバーは実際どう成長したのか気になってたんで。

 

このシリーズはその欲求を十二分に満たしてくれます。

 

事件簿とありますが魔術師たちにミステリが通じるわけがないので、ミステリ風味を効かせながらの魔術薀蓄とバトルです。

 

自身の戦闘力が低いエルメロイ2世も薀蓄をめっちゃ披露してくれます。さすが名コーチ。

 

自身に才能がない故の葛藤や終盤の過去の自分との対話。

 

「ボクは、もう十分な栄誉を受けたんだよ」

「その栄誉は後払いでもらったものだ」

「だから、ボクはその栄誉にふさわしい人物にならねばならない。順序が逆になってしまったけれど、あなたの見る目は間違えてなかったのだと証明しなければならない」

 

ここだけでも最高です。

 

今やってるFGOのイベントも最高だしこれはZero読んだ人はほんと読んでほしい。

 

 

 またセイバー顔が増えるんかーい

このシリーズのヒロイン(?)的な扱いになると思われるグレイです。顔を見せないようにフードを被り、自分で思考し喋る魔術礼装「アッド」を持つ彼女ですが、

 

人間的な感情の起伏が乏しいし、暗い過去があるんだろうなあ、とかあんま魔術礼装を持ってるし戦闘面では彼女の方がエルメロイ2世より強いんだろうなとか思ってましたが、まさかそうくるとは。

 

Fateシリーズはアーサー王本人かそれに関連するキャラがどこにも出てきますが、まさかエルメロイの内弟子に持ってくるなんて。

 

エルメロイ本人は強くなくても陣営としては最強じゃないか。遠坂凛もルヴィア後に弟子入りするし。

 

グレイに関しては1巻で正体が明かされただけなので今後もっと掘り下げられるんだろう。

次は何を読もうかな。

 

 続きの感想はこちら 

typenitro.hatenablog.com

 

 

関連記事

typenitro.hatenablog.com

typenitro.hatenablog.com 

typenitro.hatenablog.com