読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】橙子さん筆頭に他作品のキャラが目白押し『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 「case.双貌塔イゼルマ(上)(下)」/三田誠』

ラノベ感想

1巻に続いて既刊分の2冊を読破。

 

今回はクロスオーバーでいろんなキャラクターが出てくるので「空の境界」読んでる人やFateのUBWアニメ見てた人なら絶対面白いです。

 

だってあの橙子さんが登場ですよ。

 

前巻の感想はこちら 

typenitro.hatenablog.com

 

 

本の情報・あらすじ

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿  「case.双貌塔イゼルマ(上)(下)」(TYPE-MOON BOOKS)

 

(上巻)

「我が師に問う。――魔術における究極の美とは何か、と」

双貌塔イゼルマに住まう、双子の姫。
至高の美を持つとされる黄金姫・白銀姫のお披露目に、エルメロイⅡ世の義妹であるライネス・エルメロイ・アーチゾルテも参加することとなった。
時計塔の社交会となれば派閥抗争もありえると、ボディガードとしてグレイを連れて行ったライネスだが、そこで起こった事件は彼女の想像をも超えていた。
三大貴族。冠位の魔術師。
ロード・エルメロイⅡ世は、『時計塔』に巣くう闇をいかにひもとくか。

魔術と美、幻想と陰謀とが交錯する『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』、第二幕開演。

 

〈下巻)

「…双子による魔術とは、たとえるならば鏡合わせの自分との融合です」

双貌塔イゼルマ。至上の美を体現する、双子の黄金姫と白銀姫。
そのお披露目で起きた殺人事件は、新たな人物――アトラム・ガリアスタと
その部下たちの乱入によって、さらに混迷を深めることとなった。

彼らに対抗すべく、エルメロイ教室のフラットとスヴィンは
師の制止を振り切って暴走し、冠位の魔術師・蒼崎橙子は愉しげに観察する。

入り乱れる魔術師たちの戦いの中、ロード・エルメロイII世は、美しき死の謎へと挑むが――…!

魔術と美、陰謀と闘争が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』第二幕の結末を見よ。

 

 

 

 

 面白かったところ

橙子さんの相変わらずの人外っぷり

まさか橙子さんが出張ってくるとは思いませんでした。

 

らっきょやまほよのエピソードを文中にふんだんに取り入れてるし言動も行動もまさに橙子さんっぽくて、作者が違っても同じキャラを書き上げることってできるんだなあとちょっと感動。

 

というか封印指定じゃなくなったとか自分の中に怪物を仕込むとかどんどん人間離れしてます。まあまほよの段階で自身の魔眼を改造してたりとぶっ飛んだことしてましたけど(笑)

 

時計塔の称号の設定とかも明らかになったけどさらっと一番最高の称号を得てるあたりさすがです。

 

 

エルメロイ組大暴れ

1巻に比べるとバトル描写が派手だった気がします。

 

グレイはもちろんのこと、エルメロイ教室の2トップであるフラットとスヴィンも参戦し、アトラムや橙子さん相手に奮闘します。

 

フラットはFakeが初登場らしいんですが飄々とした性格にぴったりの能力な気がします。色んな魔術の上っ面を再現したり相手の魔術に介入したりと、天才っぷりを見せつけます。Fakeもこんなノリで聖杯戦争勝ち残るんかな。

 

あ、でもFakeはパラレルワールドだから死んで脱落する可能性もあるんだよね。

 

そしてスヴィン。本人は犬と呼ばれることを嫌ってますが能力と言い性癖といい完全に犬です。匂いってなんだ匂いって。

 

それにしてもスヴィンの挿絵がどうやっても見ても一方通行にしか見えないんですが…。

 

アッドも大鎌や聖鎗だけでなくいろんな武器に変わるあたり意外と便利な武器でしたね。盾にもなるとか汎用性高い

 

 

 

ラストの征服王の聖遺物を手に物思いにふけるエルメロイ2世と、「会わせてあげたい」と願ったグレイ。

 

あとがきによるとこの外伝は本編につながる話なので5次聖杯戦争に参戦できないことは確実なんですが、どうにかして会うことができたらなあと思います。

 

十分すぎる報酬を先にもらったからそれでいいって1巻で言ってたけどそれでももう一度会いたいよね。

 

やってきたことは無駄じゃなかったと征服王に認められるウェイバーが読みたい。

 

最新刊は夏らしいので続きが楽しみです。