万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】イチャイチャラブコメラノベ。嘘だけど。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸/入間人間』感想

 以前からタイトルだけは知っていて気になっていたので旅行の合間に読破。

 

予想以上に話が重いかったです。

 

本の詳細・あらすじ

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸/入間人間(電撃文庫)

 

御園マユ。僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。誘拐は、ある意味殺人より性悪な犯罪だ。殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。ズレた人生を、続けなければいけない。修正不可能なのに。理解出来なくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。

―あ、そういえば。今度時間があれば、質問してみよう。まーちゃん、キミは何で、あの子達を誘拐したんですか。って。

第13回電撃小説大賞の最終選考会で物議を醸した問題作登場。

  

 

 

 

 

予想以上の猟奇サスペンス 

まーちゃんが本当に壊れてた。

 

ちょっとネジが飛んでる女の子とちょっと虚言壁の男の子とのラブコメかと思ってたんですが、なかなか内容が重い。

 

グロいのがダメな人はちょっと注意が必要です。

 

狂った者たちが織りなす狂気の物語。

 

 

 

物語がみーくん視点で進んでいるのでまーちゃんの異質さが際立ってるように見えましたが、壊れてるまーちゃんの方が正常で、感情を殺して普通に生活できてるみーくんの方が異常者じゃないですか?

 

誘拐した兄弟も訳アリっぽいし、準レギュラーっぽいドクターや警察のお姉さんたちもなんか闇が深そうだし。

 

 

そして単行本ならではのカバー裏。読み終わってから気づいたんですが狂ってる感がめっちゃしていい感じです。

 

購入前にこれに気づいてたら読むときの心構えがだいぶ違ったかも。

 

 

 

文章の雰囲気とか会話のテンポが戯言シリーズのそれなので、好きな人はがっつりとハマるけどダメな人はとても読んでられないと思います。

 

実際みーくんの虚言壁がちょっと度が過ぎていて読むのがめんどくさいところもありましたがそこは勢いでなんとか。

 

 

 

一応叙述トリックもあってラストに明かされた真相はなかなかのものでした。

 

そこまで勢いで読んでいたのでいきなり難しい話になってびっくりしました(笑)

 

 

 

シリーズものなのでみーくんとまーちゃんの続きは気になりますが、話のインパクトはこの巻が一番強いんじゃないかなーとか思ったり。

 

読む本がなくなったら考えます。