万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【漫画】智と暴入り乱れるギャンブル漫画『嘘喰い/迫稔雄』が最高に面白い!!

 

今回紹介するのはヤングジャンプで連載中の『嘘喰い』というギャンブル漫画です。

 

この漫画は僕の読んだ漫画のなかでTOP3に入るほど面白い漫画です。

 

一言でいうと 「頭脳戦と肉弾戦のハイブリッド漫画」

 

ジャンルとしてはギャンブル漫画なんですが、ただのギャンブルではありません。

 

運で勝つのではなく知略を巡らせて勝つべくして勝つ。

 

心理戦を制し、相手にも立会人にも気づかれないように必勝の策を仕掛け、時には相手のイカサマをも利用し相手を手のひらの上で動かす。

 

「伸るか反るかがギャンブルの醍醐味」というのとは全く異なります。

 

「ばば抜き」や「あっちむいてほい」のようなみんなが知ってる遊びがこの作品では複雑怪奇な頭脳戦へと変わります。

 

そしてその頭脳戦と引けを取らないくらい盛り上がる肉弾戦。

 

たとえ小賢しく頭脳戦に勝ててもゲームの最中やゲーム外で暴力の報復を受けては本当の勝者とはいえません。

 

ゲームに勝っても自分の身を守れなければ意味がない。

 

どっちか単体だけでも人気がでそうなのに両方を楽しめる漫画です。

 

 

『嘘喰い』のあらすじ

公平な勝負を取り仕切る組織: 倶楽部「賭郎」

 

どんな勝負であろうとそれがルール通りにつつがなく進行するように仕切り、勝負の後は敗者から確実に取り立てを行う賭郎は江戸時代から現代まで連綿と続き、警察、政治家、大企業などありとあらゆる国家の中枢に食い込むほどの組織です

 

主人公:斑目獏(通称「嘘喰い」)の目的は館越えを行いその賭郎のトップにたつこと。

 

 知略と暴力を駆使し、嘘喰いの館越えが始まる。

 

伏線、伏線アンド伏線

この漫画の面白いところはなんといっても伏線の貼り方めちゃくちゃうまいことです。

 

賭博勝負中の何気ない描写や会話が謎を解き明かす鍵になっていて、決着がついたときの種明かしにでは毎回驚きの連続です。

 

作中で扱われる勝負では立会人という公平な勝負を司る審判がいます。しかし公平な勝負=クリーンな勝負ではないのです。

 

負け=死となる勝負において運に身を任せるというのは自殺志願者に等しく、相手や立会人が気づかなければイカサマだって勝つためには当たり前に行われます。

 

 

勝負のなかで相手のイカサマや戦略を看破し、さらにそれを利用して勝ちに行く嘘喰いの立ち回りは必見です。

 

頭が良いだけでは生き残れない

血湧き肉踊る格闘戦 嘘喰いが他のギャンブル漫画を一線を画すところは戦闘描写の濃さです。

 

いくら頭のキレが良くて賭けに勝てても、その後相手に襲われて勝ったお金を奪われてしまったら?

 

勝負の間だけ強くてもそれは本当の強者とはいえません。 本当の強者とは頭が良いだけでなく相手の暴力に対する備えをしていることも必須条件なのです。

 

作中では智と暴を兼ね備えた化け物みたいなキャラもいますが、主人公である嘘喰いは頭はいいけど体力は人並み以下という特徴があります。

 

ちょっと走っただけでも息切れし、殴り合いになれば100%殺されてしまう嘘喰いですが、彼は自分の剣となる暴力に特化した仲間がいます。

 

この暴力と暴力のぶつかり合いが熱い!

 

バトルマンガ顔負けの戦闘シーン。 格闘漫画でも十分やっていけそ迫力です。

 

ここだけ見せたら誰もこれがギャンブル漫画とは思わない。

 

 

勝負を滞りなく仕切る組織「賭郎」

勝負といってもプレイヤーしかいないと勝負の方法や賭けるものでどうしてもいざこざが起きてしまいます。

 

そういった諍いが起きないようにするため、ルール通りに勝負を進行し、負けた相手からは賭けたものを踏み倒させずきっちり取り立てる組織が登場します。

 

それが賭博組織「賭郎」

 

中でも勝負を取り仕切る人たちは「立会人」と呼ばれます。

 

ルールを破ったもの勝負の邪魔をしようとするものを粛正する彼らは強い。

 

この立会人たちは黒スーツがビッと決まってかっこよく、キャラがめちゃめちゃ濃いです。

 

智と暴の両方を兼ねそろえた彼らは、強者たちの限界ギリギリの勝負に立ち会うことが使命であり、そのためにはどんな相手でも勝負の邪魔だけはさせない。

 

夜行妃古一と切間撻器との號奪戦は必見です。

 

梶の成長

そして嘘喰いを紹介するうえで外せないのが、嘘喰いの仲間の梶貴臣です。

 

登場時は度胸も頭もなく闇金に金を借りるような弱者だった梶ですが、嘘喰いと出会って彼が生きる世界を知ってめっちゃ成長していきます。

 

ダイの大冒険でいうポップのようなポジションで、嘘喰いだけでなく梶も賭博勝負をしていくようになります。

 

梶が戦う賭博勝負はどれも熱い。

 

頭も悪くてキモいだけだった梶が命がけの勝負を繰り広げることで、「キモ冴え」と呼ばれるような頭の良さを見せます。

 

ファラリスの雄牛での梶のかっこ良さはガチなので20巻あたりがおすすめ。

 

「エクセレント郁斗、27分49秒だ」

 

 

終わりに

というわけで僕の大好きな漫画の1つ『嘘喰い』を紹介しました。

 

めっちゃ面白い漫画ですが、1つの勝負が巻をまたぐので、まとめて一気読みをしないとついていけないところだけ注意です。

 

現在46巻まで出ており、終盤に差し掛かってます。

 

巻数は多いですが読みだしたら止まらないこと間違いなしですのでぜひ。

 

最新刊はこちら