万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】復活した殺人鬼のスプラッタ劇場『殺人鬼――逆襲篇/綾辻行人』感想

覚醒篇のインパクトが強すぎて長らく積んでた本ですが、積読している本が減ってきたのでようやく手に取りました。

 

覚醒篇の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com

 

覚醒篇読んだの2年前なんですが、意外とあらすじは覚えてるもんですね。

 

 

本の詳細・あらすじ

殺人鬼――逆襲篇/綾辻行人 (角川文庫)

伝説の『殺人鬼』、ふたたび。双葉山の惨劇から三年、最初にそれと遭遇したのは休暇中の一家。正義も勇気も家族愛も、ただ血の海に消えゆくのみ。そしてそれは山を降り、麓の街に侵攻するのだ。病院を、平和な家庭を、凄惨な地獄風景に変えていく。殺す、殺す、殺す…ひたすら殺戮を欲する怪物に独り立ち向かうのは、不思議な“能力”を持った少年・真実哉。絶望的な闘いの果てに待ち受ける、驚愕と戦慄の結末とは!?―。

 

 

 

 

 

 

ただただむごたらしく殺す殺人鬼

あーグロい。覚醒篇もそうでしたが逆襲篇も負けず劣らず残酷で一方的な殺戮ショーがでした。

 

綾辻さんのは描写が細かすぎて真面目に文章を追っていくのがとてもきつかったので、小説読むのにあるまじき行為ですが斜め読みでざっと読みました。

 

これを精読なんて無理。

 

大腸ヌンチャクやら風船蛙やら今回の殺人鬼も大暴れ。残虐性半端ないです。

 

殺人方法もバリエーションに富んでて読者を飽きさせない(?)それにしてもこの殺人鬼食べさせるの大好きだよね。

 

前作よりもパワーアップしてます。スプラッタ無理な人は絶対読まない方がいいですが、興味ある方は読んでください。そして後悔してください。

 

 

ミステリ部分はちょっと…

前作は「こんなスプラッタの中でよくこんなん仕掛けたな!」と隠された謎に衝撃を受けました。

 

しかし今回の謎はそこまでびっくりするオチじゃなかった。細部まで読んでる余裕はなかったので読書中に気づくことはなかったんですが、そこまで意外性はなかったです。

 

他の人の感想を見てると読んでる途中にわかったって人がちらほらいたんですが、推理力もさることながらそれ以上にこのスプラッタな内容をよく細部まで読み込めるなあと思ったり。

 

 

駆け足で読んだので十分楽しめたわけではないですが、多分再読することはなさそう。

 

次は明るい話を読んで気持ちを切り替えたい。