万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【同人感想】理不尽な不幸が蓮子を襲う!!『秘封祭/四面楚歌』

 f:id:Ftype:20161111224736p:plain

 

同人サークル「四面楚歌」のこの夏の新作。

 

お話書く人、イラスト描く人、音楽やる人いろんな人を集めた秘封倶楽部が主人公のノベルゲームです。

 

 

ちょこちょこ進めていき数多のバッドエンドを乗り越え1週間くらいでクリアにこぎつけました。

 

トータルプレイ時間は10時間もかかってないので早い人なら1日でクリアできると思います。

 

 

作品情報

秘封祭(PCゲーム)/四面楚歌

 

マルチメリバエンド・秘封倶楽部ノベルゲーム内容――さて、今日は何をしようか。
ある日目覚めた彼女は、いつものように、あるいはいつもと違った一日を始める。
喫茶店で日常を過ごすのか。秘密を暴く冒険に出るのか。あるいは、得体のしれない何かに巡り合うのか。
何にせよ、動きだした彼女たちは、たった一つの結末へと転がり落ちてゆく―― 

 

f:id:Ftype:20160910145136j:plain

 

特設HP→四面楚歌 C90新作 「秘封祭」

秘封祭(四面楚歌)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス


【OP】秘封祭 / セレブレイション

 

※WindowsでもMacでもできます。僕はWindows10でしたが問題なく動きました。

 

 

 

蓮子が死んだ!!この人でなし!!

序盤は蓮子視点で物語が進みますが、数々の不幸がが蓮子を襲います。

 

待ち合わせに早くついたらENDだったのが衝撃でした(笑)誰もいなくてそれで終わりなんて。

 

でもそのときは知らなかった。これから訪れる数多のBAD ENDの中で、生きて終えるENDがどれだけ貴重だったのか…。

 

 

とにかく理不尽に蓮子が死にます。

 

おいしくいただかれたり、クトゥルーな世界に迷い込んだり、アイドルやりながら黒幕を暴こうと頑張ったり…。

 

そして何より鮫。シャーク。

 

奴らは海だろうと山だろうとところかまわず襲ってきます。

 

「空から鮫が」はまあ良しとして「女の中から鮫」ってどういうことなん?あの場には蓮子とメリーしかいなくて蓮子が食われたってことは、あの鮫はメリーの中から…?

 

鮫の話多くない?って思ってたら蓮子も同じセリフ言うし、しかも鮫にちゃんとした意味を持たせようとしてきたのめっちゃ笑った。

 

 

なんかもう慣れてくると次はどんな死に方するのかなって思いながら読み進めてました。DEAD END前提で進めるゲームも楽しいよね。

 

もちろんそうじゃないのもありますよ。

 

ドロワーズナイトとかいつの間にか社会の歯車になってたりとか。

 

でもまあ基本デッドエンドです。

 

 

いろんな秘封倶楽部が楽しめる

この作品は多くの物書きが集まって作ってますので、ほんわかした秘封倶楽部からちょっと謎めいた秘封倶楽部、理不尽な死を遂げる秘封倶楽部、まったく理解できないものといろいろなストーリーを楽しめます。

 

どのルートを誰が書いたかは最後にならないとわからないんですが、やっぱり書く人によって文章に癖があるなあと思いました。

 

一言にBAD ENDと言っても書き手によって千差万別。

 

ストーリーごとの落差が激しいので一気にやるとだいぶ疲れますが、選択肢の先が読めないものばかり(鮫は除く)で続きが気になって面白かったです。

 

ただエンディングが飛ばせる機能とバックログが欲しかった。

 

 

お祭り騒ぎのハチャメチャな秘封倶楽部を楽しんだ後に明かされる真実は綺麗で良かったです。きっちり締める所はきっち締めてくるあたりさすが。

 

理不尽過ぎて笑ってばっかりだったのに最後は泣かせにくるとかずるい。

 

鮫もピコ巫女も洗濯機に入り込む早苗さんもすべてこのTureエンドのためだったんだ。

 

 

秘封好きな人はまず間違いないと思うので是非。秘封ってあんまり知らないやって人も沼に引きずり込まれますので是非。

 

気になる人はまず体験版を

四面楚歌 C90新作 「秘封祭」

 

ホームページにて体験版をDLすることが出来ます。体験版ではいくつかのシナリオをプレイすることができますが、立ち絵やBGMといったのがなかったりするそうです。

 

本編プレイ済みの人には物足りない、今さら体験版なんて…って思うかもしれませんが、なんと体験版専用ルートが1つあります

 

全部のエンディングを見てコンプしたなら、ここまでやってみるのもありかなと思います。

 

さらに秘封祭の没ネタ集が同人誌で出てます。こっちはコミケより前の例大祭で頒布されました。こっちも面白かったです。

 

 

関連記事

typenitro.hatenablog.com

  

typenitro.hatenablog.com

 

typenitro.hatenablog.com

 

typenitro.hatenablog.com