万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【漫画】音楽は言葉を超える『四月は君の嘘/新川直司』紹介&感想

 8月に短編集が出て、最近映画化もされたので読み直してました。

 

名作は何度読んでも面白い。天才ピアニストを主人公としたボーイミーツガールのお話です。

 

心揺さぶられる演奏の描写は圧巻です。

 

 

 

『四月は君の嘘』ってこんな漫画

あらすじ 

神童とまで言われた天才ピアニスト有馬公正はある時を機にピアノが弾けなくなってしまった。

そんな彼は中学3年の四月に1人のバイオリニストの女の子:宮園かをりに出逢う。譜面に書かれたことを忠実に弾いてきた公正にとって、自分の好きなように曲弾きこなす彼女は眩しくてカラフルな女の子だった。

演奏家としても同級生の女の子としても元気はつらつで我儘な彼女に手を引かれ、公正は再びピアノを弾き始める。

原作もアニメも素晴らし形作品(映画は知らん)

 

 

音楽は言葉を超える

作中では主人公たちはコンクールで演奏するんですが、彼らは「自分が勝つため」ではなく「誰かに想いを伝えるため」に演奏します。

 

その想いは「好き」であったり「ぶん殴ってやる」だったり「お前を否定してやる」だったり様々です。

 

その想いが演奏に熱を入れます。

 

音を伝えられない漫画で演奏シーンにここまで引き込まれる漫画は初めてです。作中で演奏される曲を聴いたことがなくても臨場感が、登場人物の想いが伝わってきます。 

 

音楽は紙面をも超える。

 

アニメの完成度も高く、実際に演奏してる曲も聴けるのでこちらもおすすめです。

 

 

光と陰のコントラストがすごい

キャラクターの心情に合わせた背景の描写がうまい。

 

例えば屋上でかをりが公正に伴奏を頼むシーン。

 

自分には無理だ。ピアノが弾けない。と言う公正は校舎の影にいて、演奏はこんなにも自由だと言うかをりは日の当たるところに居ます。

 

そしてピアノを弾くと約束した公正は校舎の影からかをりのいる日の当たるところへ一歩踏み出します。

 

 

主人公たちはまだ中学3年生で多感な時期です。揺れ動く感情を見事に表現してるので引き込まれます。

 

 

本編全11巻+小説+短編集と出てますがとりあえず本編を。

 

2巻まで読めばあとは止まらないはず!

 

 


四月は君の嘘 単行本第1巻 宮園かをり演奏曲 クロイツェル

 

 

 


四月は君の嘘 単行本2巻 デュオ演奏曲 序奏とロンド・カプリチオーソ

 

 


四月は君の嘘 単行本3巻 相座武士演奏曲 ショパン エチュード10-4

 

 


四月は君の嘘 単行本4巻 井川絵見演奏曲 ショパン 「木枯らし」

 

 

 


四月は君の嘘単行本5巻 有馬公生演奏曲 ショパンエチュードop.25-5

 

 


四月は君の嘘 有馬公生演奏曲「愛の悲しみ」ラフマニノフ

 

 

 

 


四月は君の嘘  挿入曲:最終話 ショパン「バラード第1番 ト短調 作品23」/ Shigatsu wa Kimi no Uso Last play a musical instrument