万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】四郎の抱える思いがつらい『この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-/森橋ビンゴ (ファミ通文庫)』

面白い。気になって仕方ないから続きを読んでいく。

 

 1巻の感想はこちら 

typenitro.hatenablog.com

 

 

本の詳細・あらすじ

この恋と、その未来。 -一年目 夏秋-/森橋ビンゴ (ファミ通文庫)

 

――せめて、誰の物にもならないで欲しい。
そう思ってしまうのは、わがままだろうか――

夏休みを迎えた四郎と未来は、和田、三好の四人で泊まりがけの旅行へ向かう。
島での開放感の中、未来に三好との仲を煽られ何とも言えない微妙な気分に陥る四郎。
未来に対しての決して明かすことのできない好意を秘めたまま二学期に突入した彼は、三好とともに文化祭委員を引き受けることに。
穏やかな彼女に心地よさを感じながらも未来への恋心を払拭できない四郎だが、クラスが団結し賑わう文化祭に、未来の心を奪う人物が現れて……。
話題作、第二幕。

 

 

 

願ってはならない恋心

つらい。読んでてつらい。

 

未来に恋愛感情を持ってしまった四郎。

 

でも未来の「親友でいてほしい」と願いに応えた四郎は未来を男の親友として接し続けなければならず、恋愛感情を知られた時点でこの関係は破綻してしまう。

 

笑顔を取り繕ってるけど心の中では悩みに悩み、しかも未来は四郎にクラスメイトの三原さんを推してくる。

 

好きな人が別の人と自分をくっつけようとしてくるってきついよね。

 

でも四郎の想いは絶対に実らないし、かといって適当に誰かと付き合っても絶対未来と彼女のどちらかを選ぶ場面で未来を選ぶと思う。

 

どう転んでも地獄。

 

いったい四郎が何をしたというんだって嘆くくらい詰んでて可哀想になってくる。

 

「せめて誰のものにもならんとってくれ」って願う四郎の気持ちをよそに未来は文化祭で出会った女性とあっという間に恋人関係になってしまいます。

 

なんかもうつらい…。

 

 

これほどひどい告白があっただろうか

いやない(笑)少なくとも僕はラノベでこんなの読んだことない

 

三好ちゃんが想いを伝えた後の四郎の告白がひどい。でも隠さずに伝えるだけ誠実なんだろう。

 

「他に好きな人おるけどその人とは絶対無理やから付き合ってその人の事忘れさせてくれ」(意訳)

 

女々しーーーーーーーーーーーーーい!!!

 

「それでもかまわん」って付き合う三好さんが一番男前でした(笑)

 

 

東雲シリーズのファン歓喜

クロスオーバーっていいですよね。そのときの主人公の成長した姿が見れるので彼らの物語もまだ続いてるんだなあって感じるんで。

 

作中で未来が東雲侑子の作品を読んでる場面はあったんですが、なんと従姉妹がでてきます。

 

しかも四郎の親と三並君&東雲侑子につながりあることがわかったりと前作が好きだったのでまさかの登場で嬉しかったです。

 

しかもあとがきで三並君目線のSSとか!!

 

翻訳家にはなれずともぎりぎり食っていけるレベルのライターで、同棲してるけどまだ結婚はしてないって、リアルな人生歩んでんなーとか思ったり。

 

 

次の巻の感想

typenitro.hatenablog.com