読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【ラノベ感想】救いはないんですか…『この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― /森橋ビンゴ』

ラノベ感想

なんかもうすごい巻でした。頁を捲る手が止まらない。

 

 前の巻の感想

typenitro.hatenablog.com

 

 

本の詳細・あらすじ

この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― /森橋ビンゴ(ファミ通文庫)

 

――ようやく、理解できた気がした。恋をしているのは、俺の、心なんだと――

二年への進級と共に、それぞれ第二寮の個室へ移った四郎と未来。新入生の梵七施の噂から三好と付き合っていることを公にした四郎は、少しずつではあるが、気持ちを未来から三好へ向けていく。そんな夏のある日、未来は山城に自分の秘密を打ち明けると四郎に告げる。心の底では山城が未来を受け入れることを怖れながらも、ただ一人の親友として未来の決意を応援し、自分は三好を含めた友人達と夏の夜を楽しもうとする四郎だが……。揺れ動く、第四幕。

 

 

 

新しいヒロイン登場?

無事1人部屋をゲットした四郎。

 

これで少しは変わるかと思われたが冒頭でそっこう

 

「何も変わらない」

 

と言っちゃうあたり効果はでてない模様…。クラスも部屋も離れたのに難しいもんです。

 

でも未来のいない、テストの打ち上げ花火大会で三好さんといい感じになったし、少しは変わるかと思ったらまさかの後半でした。

 

どこまで落としてくるのか?

 

つらい、読んでて苦しい。

 

 

これまで積み上げてきたものが一気に崩れる

きっかけは未来が要ちゃんにフラれたこと。

 

未来の秘密を要は受け入れることが出来なかった。そのことに対して四郎は憤慨し直接要と話をしようとします。

 

「俺が好きな人を気持ち悪いって振るなんてなんて奴だ」って

 

でも要の気持ちもわかる。自分が好きだと思ってた人が実は同性だったなんて。

 

いくら心は男だって言われても、やっぱり抵抗はあると思う。それに四郎も心は男だとわかってる未来を1人の女性として好きになってしまってるんだから、やっぱりそう思ってしまうのが普通なのかな。それが正しいかはわからんが。

 

未来にも自分の気持ちがばれて、自暴自棄になった未来に対して「親友であること」を貫いた四郎はすごいと思う。これで止まっていれば良かったのに不幸は連鎖するから怖い。

 

欺瞞で始まった三好さんとの関係も終焉を迎え、さらには店長とも…。

 

崩れるときは一瞬だなあ。

 

四郎の人間関係はぼろぼろのドロドロでどうやったらハッピーエンドになるのかが見えてこない。

 

これがライトノベルなのか…。こんな重いのにライトノベルなのか…。

 

いやーめっちゃ面白い!!

 

また京都に行くっぽいので親父と三並さんに諭されて頑張ってほしい。

 

 次の巻の感想はこちら

typenitro.hatenablog.com