万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【同人誌感想】本格ミステリ短編集『サブタレイニアンミステリーズ/鍵入たたら』

f:id:Ftype:20161023182056p:plain

 

紅楼夢で購入。表紙と「東方×ミステリ」という謳い文句に惹かれたので。

 

この方の作品は初めてですが当たりでした。

 

 

 

 

本の詳細・あらすじ

サブタレイニアンミステリーズ/鍵入たたら

 

にとりの作ったロボットが盗まれた!?監視されていた現場でたまたま撮影された写真にはこいしの姿が写っていた。妹の疑いを晴らすために推理を始めるさとりだったが…(「機会のあやまち」)。

地底で、地上で、あるいは幻想郷の外で、盗難、首切り、はては殺人事件の犯人当てまで、幻想少女たちが織り成すミステリー短編集。

 

f:id:Ftype:20161016085139j:plain

 

がっつり本格ミステリ小説

すいません。読む前はミステリって言ってもそんなやろ。

 

とか思ってたんですが、全然違った。

 

確かに東方二次作品なんですが、想像以上に本格的なミステリで東方キャラじゃなくても成立しそうな話もちらほら。

 

5つの短編が収録されていますが、どれも趣が異なり色んな方向性のミステリが楽しめました。

 

謎が解決してすっきりというよりは薄気味悪さが残る話ばかりで読後感が良いです(?)

 

読み終わった後、余韻が残るのですぐ次に行くのではなく物語を反芻したくなります。

 

面白かったんでこれからも新刊チェックしていきます。

 

 

それぞれの感想

彼女のいない部屋

現実世界のこいしグッズ溢れるオタクの男の家にこいしちゃんが上がり込んでる話。

誰にも気づかれないってこういうことなのかと思いながら読んでた。

2つ買ったはずの弁当が知らないうちになくなってたら泣くと思う(笑)

これで終わりかと思ったら本の最後に後半がありまして。

うーん、どうゆうことなんだろうか。ごっこ遊びだったのが実は本人もいたみたいなのかな? 

 

機会のあやまち

こいしにかけらてた疑惑を晴らすためにさとりが事件を解き明かす。さとりの安楽椅子探偵っぷりが板についてる。

さとりの能力だと説明しなくても現場の様子を読み取れるので便利だよね。

オチが良かった。さすがこいし。きっとお姉ちゃんは頭抱えてんだろうなあ。

 

 

 

血の海に沈む

村紗水蜜×こいしという珍しい組み合わせ。村紗の過去にフォーカスを当てながらこいしとの会話を楽しむ話。

不気味で得体のしれない感じのこいしが怖可愛い。

ミステリっつーかちょっとホラーな作品。

 

www.pixiv.net

 

 

柳の下の首なし幽霊

赤蛮奇の首切りミステリ。すげえきれいにまとまってるしミステリとしても面白い。首切りをネタに話を書くならこれが最適解みたいな。

行きつけの甘味処の看板娘が失踪し、首なし死体で発見された。しかし死体が発見された後も彼女の目撃証言は続き…

赤蛮奇の人里に対する距離感とかすごくいい。

www.pixiv.net

 

 

戯作「無無意識の庭の殺人」

凄かった。いやほんと凄かった。

特殊な部屋がある館で起こる殺人事件なんですが、その部屋がスワンプマンを作る部屋だったり、

タイトルにあるように無意識が通じない(呼吸やまばたきなど普段無意識で行ってることが意識しないとできない)庭だったりと、

謎解きだけでなく哲学的な問いかけも多数あり、森博嗣のミステリが好きな人なら間違いなくヒットする作品。

元はオリジナルで作っていた話らしく、東方要素は名前くらいのもんですがだからこそ面白い。