万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【漫画】ファッションセンスがないと嘆く男性必読!『服を着るならこんなふうに/縞野やえ』紹介&感想

f:id:Ftype:20161102232345p:plain

 

 

角川半額セールだったので購入。

 

僕は昔からファッションにはうとくて、今さらオシャレとか無理だよなあと思ってたんですが、これ読んだら自分にもできそうな気がしてきました。

 

ファッションで悩む男性におすすめです。

 

 

 

『服を着るならこんなふうに』ってこんな漫画

あらすじ

主人公の祐介(27歳)は仕事はまじめだが、家ではゲーム三昧で過ごすぐーたら社会人。ファッションなんぞには当然興味がなく、服の値段を見て「これならゲームが○本買える」と考えるような彼だが、ある日事件は起こる。

地元の同級生と飲みに行くと、自分以外のみんなは年相応のお洒落をしていたのだ!!(ちなみにそのときの祐介の格好はジーパンにパーカー)

ショックを受け「俺にはファッションセンスがない」と諦めてしまう祐介に、妹の環がメンズファッションのイロハを手ほどきしていく…

 

 

オシャレをセンスではなく理論で説明

f:id:Ftype:20161102232849p:plain

「服は好きなもの着たらいい」とか言うけど何をどう着たらオシャレになるのかわからない。結局はその人のもつセンスだろ…。

 

って諦めてしまう人ってたくさんいると思います。僕もそうでした。

 

でもこの漫画によるとそれは違うらしいです。

 

この漫画は「最速でおしゃれに見せる方法」の著者:MBさんのファッション理論を漫画にしています。

 

typenitro.hatenablog.com

 

 MBさんは「オシャレに必要なのはセンスではなく理論を知ること」をもっとーに自身のブログや日刊SPAで服の情報を提供している方で、

 

男性のオシャレな服装にはいくつかのルールがあって、それに従って服を選んでいけば誰でもオシャレに見えるのだそうです。

 

また「Tシャツは袖が短くて細めの方が大人っぽく見える」といった服の種類による具体的なポイントも説明してあるのでわかりやすいです。

 

なんとなくで服を選んでいた自分にとっては目から鱗でした。

 

ちなみに自分の今持っている服は、この本に載ってあるオシャレに全然当てはまってないです。わかっちゃいたけどちょっとショックでした(笑)

 

『オシャレな服=値段が高い服』は間違っている

f:id:Ftype:20161102233255p:plain

「いい服が欲しくても服にそんなお金かけたくない」って思ってたんですけど、それも間違っていたみたいです。

 

この漫画で最初に祐介が訪れたお店はユニクロでした。ユニクロなら僕でもよく服を買いに行いくところで、高級な店ってイメージはありません。

 

でも物によってはすごくいいものがあるのだそう。

 

作中ではユニクロの商品が何回もでてきます。靴もコンバースの靴をおすすめしてたりします。

 

この漫画ですごいのはこの店のこの服がいいって具体的に提示してくれるところ

 

漫画読んでてこれいいなって思ったのを実際にその店にいって確かめることができます。

 

僕はこれで「ユニクロのスキニーフィットテーパードジーンズ(黒)」と「MA-1ジャケット」を買いました。

 

普段気にとめてなかったんですが、改めて見るとズボンってこんなに種類があるんだなあって

 

 

MBさんの自身のブログや日刊SPAに寄稿してある記事の中でもユニクロやGUの商品を取り上げたものがあり、「これなら僕でもできそう」って思えるのがたくさんあるので読んでて楽しいです。

www.neqwsnet-japan.info

 

MB | 日刊SPA!

 

今は最新記事に紹介されてたGUのブーツがちょっと欲しいなって思ってます。

nikkan-spa.jp

 

ハウツー本としてだけでなくストーリーも面白い

f:id:Ftype:20161102233905p:plain

 ただの服の解説本ではなくて、もちろん話も面白いです。

 

ファッション音痴の祐介の服屋に対するイメージとは身に覚えのあるコトばかりで笑ってしまいます。

 

一着のズボンを買ったことから、徐々に服に興味を持っていく祐介を見てると自分もこんなふうに服を着ることを楽しめるようになれたらなあって思います。

 

絵がとてもきれいなこと+服選びの基準がモノトーンなことのため、イラストでも服のイメージがしやすいのが良いです。

 

あと作中に出てくる女の子がみんなお洒落で可愛い。

 

コミックNewTypeで1~3話と単行本化されてない話は全部読めるのでまずは試し読みを!

comic.webnewtype.com

 

 

全4巻(未完)

 

 

 

各巻の感想

1巻

これを読んでユニクロでズボン買いました。

1話で周りとの服の差を知って「全然楽しくなかった」って、言ってた祐介が同窓会ではほんと楽しそうな顔してたのが印象的。オシャレな服装ができれば自信を持てるようになるよね。

白の無地Tシャツとか肌着にしか思えないから抵抗あるけど挑戦してみようかな。

 

2巻

祐介のトラウマのきっかけとなったリカが登場。明るくてはっきりものを言う人でこんな人と友達だったら絶対楽しいよなあ。

高級店も縁がないから行ったことないけど目を養うって意味ではいいのかも。でも1人で行くにはハードルが高いよなあ…。

ファッション躁になって服を買いまくる祐介が怖い。でも自分がオシャレになってきてるって思い出したら突っ走るのもありえそうな話。

 

3巻

祐介が服を教える側に。成長してる。

ジョッパーズパンツってのがあるのか。覚えとこう。ユニクロの黒スキニーは足が太いから腰回りのサイズがでかいのを買っちゃったけど、こういう選択肢もあったのね。

スラックスや革靴と言ったスーツよりのアイテムから小物まで幅広く紹介されてました。

季節が一巡りし新キャラ登場で終わったけど次から新章が始まるのかな。

 

4巻

いとこのオシャレ初心者の圭が加わる4巻。祐介がオシャレになった今、基本に立ち返るとともに夏物から秋物の服の選び方や小物アイテムの選び方を教えてくれます。

襟の違いとか意識したことなかったので次から参考にしたい。

そして「最速でおしゃれに見せる方法」でも紹介されてたダニエルウェリントンの腕時計!ネットで調べたら3万いかないでおしゃれな時計だったのでお金がたまったら今度はこれを買うことに決めました。