万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【漫画紹介】駆け引きのあるチーム戦が熱い!『ワールドトリガー/葦原大介』【連載中】

 

 

週刊少年ジャンプで連載中のSF(ファンタジー?)バトルものの漫画です。

 

凝った設定とジャンプではあまり見ないチーム戦が描かれていてるのが大きなポイント。

 

 

 

『ワールドトリガー』ってこんな漫画

三門町に突如現れた「門」。そこから「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物たちが襲ってきた。兵器ではまったく歯が立たないネイバーを倒したのは、ネイバーの技術を使う「界境防衛機関(ボーダー)」と呼ばれる集団。

主人公の三雲修は弱っちいながらも真面目で正義感のあるボーダーの訓練生。そんな彼がいる学校に転校してきた空閑遊真は日本の常識が全く通じないズレたやつ。それもそのはず、遊真は門の向こう側からきた人間だった。

 

 

戦術を駆使したチーム戦が熱い!

バトル漫画ってたいていの場合、敵と戦うとき1対1の勝負しかないじゃないですか?

 

味方が何人かいても敵も同じだけ人数がいて、最後はみんなバラバラになって1対1になって戦うのが多い気がします。某海賊漫画とか。

 

それはそれでキャラの見せ場があるし、熱いバトルが繰り広げられたら満足なんですが、

 

 

ワールドトリガーの面白さはちゃんと複数対複数のチーム戦をしているところ。

 

例えば1対1じゃまず勝てないような敵がいても、そいつが接近戦の攻撃しかできないなら、

 

近距離の戦闘員は足止めに徹して、遠距離攻撃できる奴らでボコればいいんです。

 

そうできるように味方、敵、地形などあらゆる情報を集めて相手をハメます。

 

「いかに相手の強さを封じて自分たちの勝ちパターンに持っていくか」という駆け引きが面白いです。

 

脳筋よりも頭の回る奴が勝ちます。実力差がありすぎるとダメな時もあるけど(笑)

 

 

首が飛んでも安心なトリオン体

主人公たちは異世界の怪物たちと生身で戦うわけではありません。

 

この世界にはトリオンと呼ばれる生体エネルギーがあります。(DBでいう気、H×Hでいう念みたいなの)トリオンの大小は個人によって違い、それが武器の攻撃力に関わってきます。

 

ボーダー達は戦闘の時は、トリオン体と呼ばれるものに換装して戦います。

 

たとえ攻撃されても傷つくのはトリオン体で、本体がダメージを負うことはありません。

 

だからこの漫画では、普通に腕とか足とか首が飛びます(笑)

 

ジャンプで首チョンパとかやっていいのかと思いますが、トリオン体だから大丈夫なんでしょうね。

 

ただしやられると回復に時間がかかるため、戦闘に参加できなくなります。

 

基本バトルものの主人公勢って死なないじゃないですか。

 

でもこの漫画では強敵相手だと味方もばんばんやられます。

 

それが戦闘時の緊迫感につながってて面白い。

 

 

細かく設定された世界観

主人公たちボーダーは使う武器(トリガー)によって接近戦のアタッカー、中距離戦のガンナー(orシューター)、遠距離戦のスナイパーの3つのポジションに分かれてます。

 

その近距離・中距離・遠距離のトリガーにも複数の種類があり、さらに戦闘を補助するタイプのトリガー(シールド・透明になれるマント・空中で飛び跳ねるための足場など)との組み合わせによって同じポジションでも戦闘スタイルが違ってきます。

 

基本的にボーダーは3~4人でチームを組んで戦うので、各ポジション1人ずついるバランス型や、全員がアタッカーで固められた接近戦特化など、チームによって特色があり、それぞれ自分達の得意な戦闘パターンがあります。

 

この「自分たちの得意」をいかに押し付けるかが重要なんですね。

 

さらに一発逆転の黒トリガーや特定の人しか持たない特殊能力のサイドエフェクトなど様々な要素が絡みます。

 

この細かな設定が魅力である戦術を支える下地になっています。

 

めっちゃ練られてます。

 

持たざる主人公:三雲修 

そして何より大事なキャラクター。

 

主人公の三雲修はトリオン量はへぼく、訓練生のため戦闘技術もしょぼい。サイドエフェクトなんて特殊能力ももちろんありません。

 

1対1では弱いほうなんですが、めっちゃ考える。

 

こちらの強み、相手の特徴などを考え有利に進めるよう立ち回ります。

 

そして何より正義感が強く真面目。「自分がそうしたい」と思ったら逆境でも行動するのは読んでて応援したくなります。

 

徐々に実力をつけて強くなっていくのを追いかけるのもこの漫画の楽しみの一つです。

 

 

というわけで週刊少年ジャンプで連載中の「ワールドトリガー」の紹介でした。

 

この漫画の面白さである「戦術」は5巻くらいから出てくるのでそこまでは微妙かもしれませんが、そこまでいけば止まらなくなります。

 

現在18巻まで出てますが作者が病気のため休載に…。復活するの待ってます!

 

最新巻は18巻です。