読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【FX】くるくるワイドやってみます

株・FX日記

 f:id:Ftype:20161127223452p:plain

 

ちょっと前に収入の柱を増やすためにFXを初めて、こんな記事を書いてました。

 

typenitro.hatenablog.com

 

10万円を元手に初めました。取引した結果を残して振り返れると成長するというので、ブログで公開してたんです。

 

が、資金が9万円になった時点で止めてしまいました。

 

「このままじゃ10万消費するだけで何も残らなくなる。」と思ったから損が少ないうちに引き上げることにしました。

 

そのあとトランプ大統領の件でドル円が乱高下し、今はまさかの円安です。

 

こりずに取引してたら多分そこで一発逆転かけてた気がします。やらなくてよかった。

 

 

 

スマホが気になって他のことができない

FXをやっててたときは、暇があればスマホをチェックしていました。

 

手法としてはIFOCOで注文し、仕掛けるときに決済の分の注文も同時に出すことで含み損を抱えず損切りできるようにしていました。

 

ただ「注文が上手くいっているのだろうか」、「うまくいっていて含み益が出ていたら逆指値の値を変更して損切りをしないようにしなければ」

 

というように、小銭を稼ごうとずっとスマホが気になっていました。

 

 

これじゃだめなんですよね

 

僕は収入の柱を増やしたいとは思ってますが、仕事以外の時間をそれだけのために使いたいとは思ってません。

 

世の中には面白い漫画や本がいっぱいあるし、いろんなとこに行きたい。それに仕事のための勉強もしないといけない。

 

なので僕の理想とする小遣い稼ぎ(資産運用)は基本的にほったらかしできるものです。

 

それは投資信託だったり高配当or優待狙いの株だったりこのブログだったりです。

 

でもこれだけだと物足りないので、他になにか種をまいとこうと探していたところ、いい感じの謳い文句をしているのがありました。

 

 

トラリピはFXで資産運用をする手法

それは「トラリピ」と呼ばれるFXの投資法です。

 

「トラリピ」とは「トラップ・リピート・イフダン」の略で、FX会社であるマネースクエアジャパンが特許を持つトレード法です。

 

トラリピとは(FX) | M2JFX - マネースクウェア・ジャパン(M2J)

 

トラリピのポイントは

 

・一定のレンジ幅の間に何本も注文をだしておく

・通貨は高スワップのものを選ぶ

・よっぽどじゃないとロスカットされないくらいの取引額にし、損切りをしない

 

マネースクエアジャパンでは注文が約定されると自動的に同じ注文が出されます(多分これが特許)。

 

つまり注文するのは最初の1回のみであとはほったらかしでOKということです。

 

 

なにこれ理想形やん。

 

 

トラリピを発展させた「くるくるワイド」

最初の注文さえすればほったらかしておけるという、まさに「金が金を稼ぐ」のトラリピですが、

 

全自動の代わりに手数料がかかります。

 

これが惜しい。

 

僕はそれほど初期投資できる額も大きくないので、手数料という余計な出費はなるべく抑えたい。

 

なのでちょっと手間がかかりますが自分でやる事にしました。

 

 

さらにトラリピについて調べていると、売りと買いの両建てで利益を得る「くるくるワイド」なる手法を見つけました。

 

【くるくるワイドFXの始め方】 どちらに相場が動いても対応できるテクニック | Girls Job Change.com

 

ただこの説明みてると自分の判断で投資する場面を多そうです。

 

なのでもっと簡単なのを…って探してたらくるくるワイドを簡略化した「らくるくる」という方法もありました。FX投資法種類ありすぎ(笑)

 

らくるくる解説【第2版】 | 効率的な世界

 

ざっと読んだ感じだとこれが一番やりやすそうだったのでこれでしばらくやってみようと思います。

 

 

通貨は豪ドル。

 

NZドルと悩みましたが、僕の使ってる証券会社だと豪ドルの方がスプレッド差が小さいので豪ドルにしました。

 

史上最安値より下がったところでロスカットになるように投資額を調節して仕掛けたいと思います。

 

 

目指せセミリタイア!