万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【漫画】恋する女性はキラキラ輝いている。光の謎とセンセの恋の行方は?『恋は光/秋★枝』は男が読んでも面白い恋愛漫画

「恋をしている人は輝いて見える」 

 

そんなふうに感じたことはありませんか。

 

 誰かに恋した時、ちょっとでも自分をかっこよく(かわいく)見せようと髪型や服装に気を使ったり、 なんでもない日常が急に楽しく感じられたり、

 

 そういった人が周りにいると「こいつなんか最近生き生きとしてるなー」って感じたりすることがあると思います。 

 

今回紹介する漫画はそんな恋した女の子が輝いていくお話…ではなく  

 

文字通り「恋している女性がキラキラ光って」見えるという謎の目をもつ偏屈男子大学生:西条(センセ)と彼に好意を寄せる女の子たちの恋愛模様を描くちょっと変わった恋愛漫画です。

 

 

 

『恋は光』のあらすじ

主人公の西条くん(通称:センセ)は非モテな男子大学生。

 

彼自身は全くモテないのですが、彼の目には「恋をしている女性が発する光」が見えており、誰のことを好きなのかがわかるという特殊な能力を持っています。

 

自分以外には誰にも見えない光 好きな人を見抜かれるということで女子に気持ち悪がられ、それが恋の光なのかどころか光が見えることすらも相談もできず大学生になったセンセ

 

きらきら輝いている女性はたくさんいても自分に向かって光ってくれる人はいない。

 

非モテ街道まっしぐらなセンセでしたが転機が訪れます。

 

講義で隣になった女性が難しい顔をして本を読んでいたのでつい声をかけたところ、その女の子(東雲)は「恋というものが知りたくて」と憧れるような顔で答えてくれました。

 

恋というものを本から知ろうとする東雲。

 

 自分も恋愛がどういうものかわかってないセンセは、そんなちょっと不思議な東雲に「この子が俺に恋をしてくれたら」と思うのでした。

 

恋愛を定義づけるとしたらどのようなものになるのだろう?

 

 

 

 

センセにだけ見える光の正体は?

まずこの物語の特徴であるセンセだけに見える「恋の光」

 

 誰にも打ち明けてこなかった秘密を友人の北代に打ち明ける所から物語は始まります。

 

 センセたちは光にまつわるいろんな話をしながら 「何故センセにだけ見えるのか?」「ほんとにそれは恋の光なのか?(百発百中ではない)」 といった光の見える理由やその意味について考えていきます。

 

この「恋の光」はあくまでセンセたちが考える仮説なのがポイントです。 

 

「自分といるときに光っている=自分のことが好き」「自分といても光っていない=自分に好意をもっていない」 と単純に考えることができないところが、話が複雑になってラブコメとしての面白さを引き立てています。 

 

主人公のセンセはハブられた経験から光のことは隠してきた&自分も恋愛とは関わらない生活を送ってきたため、誰かを好きになったことがありません。

 

光っている女性は見たことがあっても自分 に向けて光っている人にはいない。そのため光が見えるだけで、それがどのような性質なのかは推測するしかないのです。

 

そしてそれは周りの人も同様。自分たちにはそんな光は当然見えないので、センセの話でしか光のことはわからりません。

 

推測する材料はセンセの話と自分の気持ち。 

 

ほんとにその光は「恋の光」なのか。どうして光が見える人と見えない人がいるのか

 

その光のことで一喜一憂したり脈ありなのかの判断材料になるのが面白い。

 

でもこれは光の問題であって、恋愛の行く先を決定づけるものじゃない。

 

自分に向けて光ったからといって、自分もその人を好きになる必要はないわけで…。 

 

逆に女の子からしたら好意がばればれだからそれを逆手にとったりなどやりようはいくらでもあるわけで・・・

 

 

誰と結ばれるのか?三者三様の女の子が可愛い

 センセの周りには3人の女の子がいます。

 

この3人は性格も、恋愛に対するスタンスも、光を発しているかも全部違うというバラバラな3人なんですが、どの子もすごい可愛い。

 

3人の女の子がどんな感じかというと…

 

東雲…センセが惚れた女の子。このご時世にスマホも持っていないというちょっとずれた大学生

「恋とは何か」の定義を探して悩む悩む…。もっと軽く考えて感情に任せて好きになったらそれが恋でええやんって思いますが、それをきちんと言葉に表そうとします。

 

そのため他の人とはちょっと違う価値観を持っていて、恋愛に対してはすごい真面目。センセが惚れた相手なので多分メインヒロイン。

 

携帯も持たず、真面目になる部分がちょっと他人とずれており、多分友人も少ないと思われる東雲ですが、

 

そのほんわかした雰囲気は読んでて和みます。

 

北代、宿木という友人を得て、次第に嫉妬や焦りといった感情を持つようになりその変化が微笑ましく可愛いです。

 

 

北代…センセと小学校時代からの腐れ縁。好きなのに「お前からは光は見えない」と言われてしまう。

ずっとセンセのことが好きだが、センセに「お前は好きな人いないだろ(北代からは光が見えない)」と言われ、告白する前にフラれてしまった。

 

しょっちゅうセンセと飲みに行ったりしていろんなこと話したりしており、センセからしたら良き友達なのかもしれない。

 

でも違う。北代はセンセのことがちゃんと好きなんです。

 

ただ恋愛の優先度が他の二人よりも低く、センセに告白するよりも今の関係をずっと続けたいと思っており、よく言えば大人な、悪く言えば諦めているのがポイント。

 

でも今までセンセの近くにいたのが自分だけだったのに、東雲や宿木とセンセが交流するようになり彼女らとも恋愛の話をするようになって、だんだんと想いを冗談めかして伝えたりするようになっていきます。

 

早く好きって言ってしまえって思うのですが、読んでて一番キュンキュンする。

 

僕は3人の中では北代が一番好きです。早く想いが伝われーって応援したくなる。

 

 

宿木…「他人の彼氏を奪うのが好き」という悪癖の持ち主

初めは東雲と北代が好きなセンセを奪うことで優越感に浸ろうとしたが、本気でセンセのことが好きになる。

 

3人の中で一番リアルな恋愛観を持っていて、フラれてもアプローチを諦めず、センセの好み(東雲)な格好にイメチェンしたり、ライバルを別の男と引っ付けようとしたりと

 

ゆるふわでズレてる東雲や現状維持を望む北代と違って、一番好きな人に振り向いてもらえるように頑張ってます。

 

1巻ではただの嫌な女なんですが、好きな人に振り向いてもらえるように努力する姿に徐々に(読者の)好感度が上がっていきます。

 

 

3人は恋のライバルではありますが良き友人みたいな感じで険悪になったりもしません。同じ相手が好きなことも隠さず悩みを相談することも。

 

最後に誰が結ばれるかが読めないので続きがすごく気になります。

 

 

 恋の悩みが丁寧でゆっくりじっくり読みたくなる

 

主人公のセンセも悩み、彼を好きな女の子たちも悩みます。

 

恋とは何か。浮気とは何か。好きな相手に振り向いてもらうには。付き合って別れた後の関係はどうすればいいのか。まだ諦められないときはどうすればいいか。

 

時には一人で悶々と悩み、時には相談したり…。

 

読んでると「わかるわー」って共感する悩みがたくさん。

 

東雲のピュアな恋の悩みもいいんですが、やはりセンセと北代の二人がいいです。

 

センセが唯一悩みを打ち明けられる北代。くだらないことでもちゃんと聞いてあげて一緒に考えてあげる北代がすごいいい。

 

それでもセンセにとっては北代は良き友人(北代は光っていない)なのがもうね…。

 

報われてほしいと願わずにはいられない。

 

 

 

終わりに

恋愛漫画はあまり読まない僕ですが、すごい続きが気になる漫画です。ほんとおすすめ。

  

全7巻の予定で2017年6月現在は6巻まで出ています。最終巻が待ち遠しいです。

 

北代が好きな僕にとっては最新刊6巻最高でした。 

 

 

集英社のサイトで試し読みもできます。

www.s-manga.net