読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【自己啓発本感想】思いついたことを書き出すだけ!!『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング/赤羽 雄二』

以前に流行っていて流行っていた頭がよくなるトレーニング本。

 

タイトルにもあるようにやることは単純で思いついたことを紙に書くだけ!!というお手軽さです。

 

今さらな感じもしますが目に留まったので読んでみることにしました。

  

本の詳細・あらすじ

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング/赤羽 雄二

 

マッキンゼーで14年間活躍した著者の独自メソッド――
それは、「メモ書き」によって思考と感情の言語化をトレーニングすることで、どんな人でも確実に頭がよくなり、心も鍛えられるというもの。
著者が二十数年にわたって改良を続け、クライアント先で実践してもらうことで、すでに1000人を超える人が効果を実感している。

誰でも、どこでもできて、お金もほとんどかからないシンプルな方法ながら、実践した多くの人が、
「打てば響くような会話ができるようになった」
「オリジナルな企画書をすぐに書けるようになった」
「自分に自信がついた」
「嫉妬やパワハラに負けない精神力が身についた」
「自分の気持ちを素直に伝えらえるようになった」
という。

本書はそのトレーニングの方法を詳細に解説し、著者の考える思考の質とスピードの到達点、「ゼロ秒思考」への道を紹介するものである。

 

 

 

ひたすら神に書き出すだけ

0秒思考のやり方は

 

①A4の紙を横向きにし、思いついたテーマと日付を上に書く(例:0秒思考を読んでおもったこと、給料を上げるには、○○さんと仲良くやるには)

 

②それのテーマにたいして思ったことを1分間で5,6個くらい書く。書くことは皇帝意見でも否定的な意見でもなんでもOK。

 

これだけです。著者はこれをテーマは何でもいいので1日10枚。

 

思いつくことがそんなない人もトレーニングを積むことでさらさら出てくるようになるそうです、

 

このトレーニングを繰り返し行うことである問題に直面したときに全体像を把握し適切な対応を素早く撮れるようになるのだとか。

 

このトレーニングのポイントは思ったことをなんでも書くことです。

 

誰かに診られたら笑われたり引かれるようなことでも、とにかく書き出します。

 

そうすることでいつまでも同じことで悩むことがなくなり、頭がすっきりしていきます。

 

紙とペンがあればできる手軽さ

このトレーニングのすごいところはなんといってもそのお手軽さです。

 

A4の紙とペンがあればできるので、僕もこの本を読んでやってみようと思ってからすぐに実践できました。

 

良さそうだから今度やろう…だとやらなかったと思います(笑)

 

1分は厳密に測ってませんが、思いついたことをつらつらと書き出すだけでほんとに気分が落ち着いてきます。

 

頭の中では何回も何回もぐるぐると悩んでいたことが、一度紙に書くと「くだらないことで悩んでたんだな(笑)」ってなりました。

 

1日10枚はできてませんが効果は本当にありそうです。

 

 

ブログの記事作成に使えそう

僕のブログのメインは読書感想文なんですが、読み終わった本の感想を書くのにかなり時間がかかります…、

 

文字数も少ないし小学生みたいな文章なのに全然書き進められないこともしばしば。

 

で、ブログ書くのに時間がかかってるのはPCに向かってから「あの辺が面白かったなー」って考えてるからなんじゃないかなーと思うわけです。

 

なので0秒思考のやり方を真似て、まずは1分以内に本の感想を書きなぐるのを数枚やってそれを基に書けば、今よりも短い時間でできるのではないかと。

 

というわけで今後実践していきます。

 

お手軽でやれば頭がすっきりすること間違いなしの0秒思考!試してみる価値はありますよ!