読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年こたつ

本や漫画の感想がメインの雑記ブログ こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【小説感想】正義のおっさんたちによる痛快ご近所物語!!『三匹のおっさん /有川浩』

 久しぶりの有川浩作品。

 

やっぱりこの人の作品はキャラ立ちしてて良い意味でラノベっぽくて読みやすい。

 

そして読みやすい中にも残るものがあるのが良い。

 

本の詳細・あらすじ

三匹のおっさん /有川浩(文春文庫) 

 

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか! 定年を迎えて一念発起した剣道の達人・キヨ、経営する居酒屋も息子に任せられるようになってきた柔道の達人・シゲ、遅くできた一人娘を溺愛する町工場経営者で機械をいじらせたら右に出るものナシの頭脳派・ノリ。かつての悪ガキ三人組が結成した自警団が、痴漢、詐欺、動物虐待などご町内にはびこる悪を成敗! その活躍はやがてキヨの息子夫婦や孫の祐希、ノリの愛娘・早苗らにも影響を与えてゆき……。シリーズ第二弾『三匹のおっさん ふたたび』も刊行間近で絶好調の痛快活劇小説です!

 

 

 

 痛快爽快おっさん活劇!!

 最近の高齢者はみんなまだまだ若いです。平均寿命も延び政府も後期高齢者という新たな言葉を作るくらい。

 

主人公のおっさんたちの一人であるキヨも定年を迎えたとはいのえ親から継いだ道場で鍛えた剣道の腕前はそんじょそこらの中年どもには相手にならないレベルです。

 

自分ではまだまだ若くこれからなのに、世間ではもうじいさん扱いされる。そんなキヨだったが同級生のシゲとノリと3人で町を守る自警団を結成することに。

 

痴漢や悪徳商法、学校で起こる動物虐待など、キヨたちのいる町で起こる悪をばっさばっさと解決していきます。

 

 これがほんと痛快!

 

3人ともキャラが立っていて、還暦のおっさんとは思えない彼らの行動にワクワク死ながら読み進めていました。

 

特にノリが良いキャラしてました。3人の中で唯一武道の心得がなく、参謀役となっていると序盤で説明があったにも関わらず、単純な戦闘力なら3人の中でもトップクラスで頭が切れるけど愛娘のことになると豹変するというギャップが面白かったです。

 

そりゃ男手一つで育ててきた愛娘だから何よりも大事なのはわかるんですが、「娘を好きになるなんて許さん!でも娘からの好意を無下にするのも許さん!」というのがいかにもダメな父親でした(笑)

 

 

上の世代から見た日常と下の世代から見た日常

タイトルでは「3匹のおっさん」とありますが、実際のところ話のメインは3匹のおっさん+キヨの孫の祐希、ノリの愛娘の早苗の5人を中心に展開していきます。

 

話に出てくるのがおっさんだけだったら「今どきの若いもんは!俺らが子供の時は~~」みたいなぼやきばっかりになってしまい、ここまで面白くならなかったと思います。

 

当たり前ですが、爺さんらが「最近の若いもんがー」って思ってる一方で若者たちも「ジジイどもとは時代が違うんだよ」って思ってるわけです。

 

爺さんはまだまだ自分は若いって思ってるかもしれんけど格好がジジイの格好なんだよ!的な。

 

孫の祐希や早苗が話のメインにいることでどちらの言い分も読むことが出来るし、最初は大きな溝があったキヨと祐希の距離が徐々に縮まっていくのを楽しむことができました。

 

それでも主人公たちはおっさん。しかも正義のおっさん。彼らの言葉には含蓄があるしそういうしっかりしたおっさんたちはかっこいい!

 

続きもあるみたいなのでまた読んでみます。