万年こたつ

こたつに籠って本を読んで生きていきたい

【漫画紹介】音楽で伝える君への想い『四月は君の嘘/新川直司』が泣ける【全11巻完結】

眩しすぎる青春ラブストーリーが読みたい!という人にお勧めしたい漫画No1!

 

まっすぐな気持ちを演奏に込めてぶん殴る、ピアニストの少年とヴァイオリニストの少女のボーイミーツガールです。

 

泣けます。

 

 

 

 

「四月は君の嘘」ってどんな話?

ピアノの音が聞こえなくなった元天才ピアニストが天真爛漫なヴァイオリニストに引っ張られて演奏の世界に戻ってくる話。

 

神童とまで言われ将来を期待されていた天才ピアニスト有馬公正。しかし彼はピアノの音が聞こえなくなりピアノをやめてしまいます。

 

中学生3年生になった彼は友人にとあるヴァイオリンコンクールへと誘われ、そこで宮園かをりと出会います。

 

自由に演奏を楽しむ彼女に引っ張られ、モノクロだった公正の世界はカラフルに色づき始める。

 

涙なくしては読めない青春ラブストーリーです!

 


四月は君の嘘 単行本第1巻 宮園かをり演奏曲 クロイツェル

 

 

 

音の聞こえない天才ピアニスト有馬公正

f:id:Ftype:20180708084920j:plain

「四月は君の嘘」1巻

 

 

主人公の有馬公正はピアノの音が聞こえません。

 

日常の音は聞こえるし、鍵盤をたたく音も譜面を動かす音も聞こえる。

 

でも自分が引くピアノの音だけは聞こえない。

 

演奏家にとって自分の音が聞こえないことは致命的です。

 

神童と呼ばれていた公正はこのためピアノの世界を離れていました。

 

そしてこのトラウマは物語

 

圧巻の演奏シーン

f:id:Ftype:20180708084953j:plain

「四月は君の嘘」2巻

 

音楽漫画は演奏シーンが肝なんですが、そのシーンがすごい。

 

勢いがすごくて引き込まれます。

 

音楽を題材にした漫画ってそのシーンを読んで音がイメージできるのが、良い漫画なのかもしれませんが、この作品は違います。

 

きれいとか楽しそうとかじゃなくて熱い。

 

バトル漫画やスポーツ漫画のような熱さがあります。

 

それは公正たちが純粋に音楽を楽しんでるんじゃではなくて、誰かに伝えたい思いを音楽にぶつけてるからです。

 

演奏に叩きつける想い

f:id:Ftype:20180708084909j:plain

「四月は君の嘘」10巻

 

作中では公正たち演奏家は「誰かに想いを伝えるため」に演奏します。

 

「音楽ってこんなに自由で楽しいんだ」っていうよくあるメッセージ性はこの作品にはなくて、誰かのために演奏しています。

 

僕の好きなライバルキャラの相座は自分の演奏の前に

 

かっこいい捨て台詞でも言ってやりてーけど何も思いつかねーわ

やっぱあれだな 俺ら演奏家だかよ

ものは音楽で語らねーとな   「四月は君の嘘」10巻

 

と話します。

 

まさにこれで、この作品は演奏に想いを込めてぶん殴ってきます。

 

その想いは「好き」や「ありがとう」といった好意的なものから「ふざけんな」「お前を認めない」みたいな否定的なものだったり様々です。

 

中学生という不安定な時期、揺れ動くその想いを言葉ではなく演奏にぶつけるからこそ演奏シーンの盛り上がりが半端ない!

 

 

公正に影響受けたライバルたち

f:id:Ftype:20180708085346j:plain

「四月は君の嘘」4巻

 

主人公の公正とヒロインのかをりの二人ももちろんですが、僕はこの作品に出てくるライバルキャラがめっちゃ好きです。

 

譜面通りの正確無比な演奏をする公正に憧れ追い付こうと努力した相座武士

 

公正の最初のコンクールで魅了され、今の感情のない演奏を否定する井川絵見

 

めっちゃ手震えてたり演奏前に緊張で吐いたりするのに、それでも憧れのヒーローに追いつくために演奏に臨む相座がかっこいい。

 

そして全身全霊でピアノを弾く公正を見て、「僕もあそこまで身をささげてみたい」と感化されるヴァイオリニストの三池君。

 

こういうライバルたちが互いを高めあっていく感じがすごい好き。

 

おわりに

熱い熱いと記事が書きましたが読んでる間は涙が止まりませんでした。

 

タイトルの意味がわかったときのインパクトはすごい。

 

本編11巻だけでなく短編集も出ています。その後の三池くんが見れるよ!

 

 アニメもめっちゃ出来がよいのでそっちもおすすめです!!


7!! 『オレンジ(オーケストラver.)』Music Video